宮城県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗宮城県第1区
衆議院小選挙区 宮城県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 仙台市青葉区太白区(旧秋保町域を除く)
(2017年7月16日現在)
比例区 東北ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 土井亨
有権者数 435,035人
1.85 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2019年9月登録日)
テンプレートを表示

宮城県第1区(みやぎけんだいいっく)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2017年の区割り変更で、太白区内の旧秋保町域が3区へ移動。

歴史[編集]

中選挙区時代の旧宮城県1区自民党愛知揆一和男親子、三塚博伊藤宗一郎を擁立し、社会党戸田菊雄岡崎トミ子公明党千葉国男が争うという構図だった。

小選挙区制が導入されると、三塚は3区、伊藤は4区に、自民党から新生党新進党に移った愛知は1区から出馬することになった。1996年第41回衆議院議員総選挙で、愛知は社会党から旧民主党に移った岡崎トミ子を破り8選を果たした。

その後、愛知は新進党を離党し自民党に復党し、2000年第42回衆議院議員総選挙では自民党から出馬することになったが、愛知は民主党今野東に敗北し落選した。

今野は2003年第43回衆議院議員総選挙でも再選されたが、今野及び宮城2区で当選した鎌田さゆりを支援していたNTT労働組合の幹部らが、公職選挙法において連座制の適用対象となる利益誘導罪で逮捕・起訴される不祥事が発生し、連座制適用となる判決を機に議員辞職した。

2005年第44回衆議院議員総選挙からは、愛知の後継の自民党候補となった土井亨、今野の後継の民主党候補となった郡和子がこの選挙区で争っている。

2014年第47回衆議院議員総選挙において、青葉区選挙管理委員会が集計ミスを隠蔽するため存在しない968票を無効票に、8票を持ち帰り票として水増し集計したことが発覚する[1]。また、水増し発覚により調査を実施した結果、最高裁判所裁判官国民審査の開票に関しても、二重集計のミスを隠蔽するため、存在しない500票を信任票に、505票を持ち帰り票として水増ししたことも発覚する[2]。これを受け2015年1月16日、奥山恵美子市長は衆議院選挙の票水増しに関与した選挙課長・係長と虚偽の説明をし問題の隠蔽を図った事務局長を更迭。奥山市長は1月19日に刑事告発するが、国民審査の水増しを行った職員が不明なため、容疑者不詳の状態での告発となった[3]。5月18日、奥山は事務局長・選挙課長・選挙係長を懲戒免職する方針を決め、同時に市長・副市長の減給処分を決定した[4]

2017年の区割り変更に伴い、旧秋保町の区域が1区から3区に移動した。同年に行われた衆院選では民進党仙台市議であった岡本章子と伊藤優太がそれぞれ立憲民主党希望の党から出馬するなど、野党候補が乱立。結果として土井が4選し、岡本は比例復活した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 愛知和男 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 今野東 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年)
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 土井亨 自由民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 郡和子 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 土井亨 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:431,342人 最終投票率:51.47%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土井亨59自由民主党100,123票
46.2%
――公明党日本のこころ
比当岡本章子53立憲民主党78,704票
36.3%
78.6%
伊藤優太32希望の党24,047票
11.1%
24.0%
畠山昌樹43日本維新の会10,001票
4.6%
10.0%
油井哲史37幸福実現党2,413票
1.1%
2.4%
今留尚人52無所属1,547票
0.7%
1.5%×

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:422,375人 最終投票率:47.24%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土井亨56自由民主党93,345票
46.8%
――公明党
比当郡和子57民主党81,113票
40.7%
86.9%
松井秀明46日本共産党25,063票
12.6%
26.8%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土井亨54自由民主党87,482票
39.2%
――
比当郡和子55民主党60,916票
27.3%
69.6%国民新党
比当林宙紀35みんなの党38,316票
17.2%
43.8%日本維新の会
横田匡人47日本未来の党16,557票
7.4%
18.9%新党大地
角野達也53日本共産党13,454票
6.0%
15.4%
桑島崇史33社会民主党6,547票
2.9%
7.5%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
郡和子52民主党149,980票
58.5%
――
土井亨51自由民主党87,401票
34.1%
58.3%公明党
角野達也50日本共産党14,547票
5.7%
9.7%
矢島卓臣26無所属2,987票
1.2%
2.0%×
遠田敬一58幸福実現党1,344票
0.5%
0.9%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
土井亨47自由民主党117,236票
47.3%
――
比当郡和子48民主党115,264票
46.5%
98.3%
角野達也46日本共産党15,470票
6.2%
13.2%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
今野東55民主党106,821票
50.8%
――
土井亨45自由民主党84,565票
40.2%
79.2%
菅野直子31日本共産党18,960票
9.0%
17.7%
  • 今野は支援者による選挙違反事件をうけ議員を辞職したが、補欠選挙が行なわれる直前に解散したため、第44回選挙までは欠員とされた。第21回参議院議員通常選挙比例区から立候補し、当選。

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
今野東52民主党88,864票
42.0%
――
愛知和男62自由民主党73,839票
34.9%
83.1%
遠藤いく子51日本共産党28,281票
13.4%
31.8%
沖田捷夫55社会民主党20,416票
9.7%
23.0%
  • 愛知は落選でいったん議員を引退したが第44回で比例東京ブロックから返り咲き。第45回では落選。

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
愛知和男59新進党77,817票
40.8%
――
岡崎トミ子52民主党56,537票
29.7%
72.7%
浅野公道57自由民主党28,351票
14.9%
36.4%
遠藤いく子47日本共産党26,346票
13.8%
33.9%
岡本正哉32無所属1,535票
0.8%
2.0%×
  • 岡崎は翌年の第17回参議院議員補欠選挙に立候補し、当選。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]