宮城県道132号秋保温泉愛子線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
宮城県道132号標識
宮城県道132号秋保温泉愛子線
起点 宮城県仙台市太白区秋保町湯向(地図
主な
経由都市
仙台市
終点 宮城県仙台市青葉区愛子中央1丁目(地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
宮城県道62号標識
宮城県道62号仙台山寺線
Japanese National Route Sign 0048.svg国道48号
Japanese National Route Sign 0457.svg国道457号
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
宮城県道134号標識
宮城県道134号愛子停車場線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

宮城県道132号秋保温泉愛子線 (みやぎけんどう132ごう あきうおんせんあやしせん)は、宮城県仙台市太白区青葉区を結ぶ一般県道である。[1]

概要[編集]

  • 起点:仙台市太白区秋保町湯向(宮城県道62号仙台山寺線交点)
  • 終点:仙台市青葉区愛子中央1丁目(国道457号交点)
  • 延長:6.6 km
  • 新道(google マップ

愛子盆地JR愛子駅前の国道457号交差点から蕃山丘陵を越えて秋保盆地の秋保温泉に到る。

旧道は、斉勝川・月山池・サイカチ沼に沿って蕃山丘陵を越える、細いワインディングロードだった(旧道:google マップ)。

2000年平成12年)3月27日に全通した新道は、斉勝川および旧道をまたぐ錦ケ丘橋(1988年竣工)により、バブル景気期の1989年平成元年)から分譲された郊外住宅地ハートヒルズ錦ケ丘(錦ケ丘ニュータウン)」に入り、芦見2号橋(1999年5月竣工)を渡って錦ケ丘を抜け、丘陵を越えて秋保盆地に下っていき、県道仙台山寺線との交差点に到る。

新道の開通により断面交通量は、平日が617台(1999年10月19日)から4,188台(2000年10月24日)と6.79倍に増加、休日が870台(1999年10月17日)から5,700台(2000年10月22日)と6.55倍に増加した[2]。また旧道は、仙台市道青葉6023号・サイカチ沼線に格下げされた。

道路の通称名[編集]

  • フラワースターロード(仙台市青葉区、太白区)
  • 愛子駅前大通り(国道457号交点 - 国道48号交点)[3]

通過する自治体[編集]

接続する道路[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「瞑想の松大通」と呼んで 旧制二高OBが要望へ河北新報 2010年5月6日
  2. ^ 仙台市建設局「秋保温泉愛子線供用開始に伴う交通量調査業務委託」
  3. ^ 道路の愛称 - 仙台市公式HP

関連項目[編集]