宮城豊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮城豊彦
人物情報
国籍 日本の旗 日本
出身校 東北大学大学院理学研究科地学専攻
学問
研究分野 自然地理学
博士課程
指導教員
西村嘉助
学位 理学博士
学会
テンプレートを表示

宮城 豊彦(みやぎ とよひこ)は、日本地理学者東北学院大学名誉教授。

略歴[編集]

1951年生まれ。1974年東北学院大学文学部史学科卒。1980年東北大学大学院理学研究科地学専攻博士課程修了。「温帯湿潤地域における斜面の発達」で東北大学より理学博士を授与される[1]。1980年東北学院大学文学部史学科助手。1989年東北学院大学文学部教授。2005年東北学院大学教養学部地域構想学科教授[2]。2019年3月に東北学院大学定年退職。

2017年6月に、国土地理院から、平成29年度「測量の日」における功労者感謝状を贈呈される[3]

主要な研究テーマは、自然地理学、丘陵地斜面の地形、地すべり地形、マングローブ林の地生態系[4]。近年は、ハザードマップGISを活用した自然地理・防災教育もすすめている[5]

栗駒山麓ジオパーク推進アドバイザー。栗原市エグゼクティブアドバイザー[6]


著書[編集]

  • マングローブ―なりたち・人びと・みらい (日本地理学会海外地域研究叢書) 古今書院

脚注[編集]

  1. ^ 東北大学機関リポジトリTOUR”. 2019年10月27日閲覧。
  2. ^ フィールド屋の繰言”. 2019年10月25日閲覧。
  3. ^ 平成29年度「測量の日」における功労者感謝状の贈呈について”. 2019年10月25日閲覧。
  4. ^ reseachmap 宮城豊彦”. 2019年10月25日閲覧。
  5. ^ フィールド屋の繰言”. 2019年10月25日閲覧。
  6. ^ 栗原市エグゼクティブアドバイザー”. 2019年10月26日閲覧。