宮山遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
宮山大塚古墳
宮山1号墳
宮山1号墳石室入口
宮山2号墳
宮山3号墳
宮山4号墳
宮山5号墳
宮山6号墳
縄文時代の住居跡

宮山遺跡(みややまいせき)は、兵庫県加古川市にある縄文時代から平安時代までの住居跡、古墳群などで構成される遺跡宮山古墳とも。1968年に市史跡に指定された。

概要[編集]

帆立貝の形状をした前方後円墳宮山大塚古墳(後円部直径40m)を中心に、北に直径15m~20mの円墳が5基、南に1基が配置されており、東側に縄文時代の住居跡がある。 西側の展望広場と散策路は宮山農村公園として整備されたもの。

主な遺跡[編集]

  • 敷石住居跡1棟 - 縄文時代後期
  • 祭祀跡 - 弥生時代
  • 建物跡の変遷 - 弥生時代~平安時代、
  • 宮山大塚古墳 - 古墳時代中期(5世紀)、前方後円墳、後円部直径40m、高さ6m、幅6mの環濠跡
  • 1号墳 - 横穴式石室、円墳、古墳時代後期、直径20m
  • 2号墳 - 横穴式石室、円墳、古墳時代後期
  • 3号墳 - 横穴式石室、円墳、古墳時代後期
  • 4号墳 - 横穴式石室、円墳、古墳時代後期
  • 5号墳 - 横穴式石室、円墳、古墳時代後期
  • 6号墳 - 横穴式石室、円墳、古墳時代後期

宮山農村公園[編集]

国の農村総合整備モデル事業として整備された公園である。 高台に在る宮山遺跡に至る道や古墳の間を縫う道が散策路として、宮山大塚古墳の西側が広場として整備された。面積は2,655.91m2

所在地[編集]

  • 〒675-1204 兵庫県加古川市八幡町上西条

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯34度47分19.2秒 東経134度53分56.9秒