宮島達夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

宮島 達夫(みやじま たつお、1931年8月3日[1] - 2015年12月5日[2])は、日本言語学者国語学者

人物[編集]

茨城県水海道町(現・常総市)生まれ。1953年東京大学文学部国文科卒業、同大学院修士課程修了。国立国語研究所勤務ののち、1991年より大阪大学文学部教授、1995年より京都橘女子大学教授、2005年校名変更により京都橘大学教授2009年退任。国立国語研究所名誉所員。言語学研究会の主要なメンバーの一人で、語彙論の第一人者。教育科学研究会・国語部会その他における言語教育(主に語彙教育)においても指導的役割を果たしている。また出身を生かして長塚節『土』の朗読を行い記録した。

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 教科研東京国語部会・言語教育研究サークル『文法教育―その内容と方法―』(むぎ書房 1963年, 坂本英子・鈴木重幸鈴木康之・高木一彦と共著)
  • 教科研東京国語部会・言語教育研究サークル『語彙教育―その内容と方法―』(むぎ書房, 1963年, 坂本英子・鈴木重幸・鈴木康之と共著)
  • 『国語国字問題の理論』(むぎ書房, 1977年, 鈴木重幸・鈴木康之)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 宮島達夫さん死去:朝日新聞