宮崎山形屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社宮崎山形屋[1]
Yamakataya Miyazaki.jpg
宮崎山形屋
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
880-0805[1]
宮崎県宮崎市橘通東3丁目4番12号[1]
設立 1955年昭和30年)7月1日[1]
業種 小売業
法人番号 8350001001938
事業内容 百貨店
代表者 山下隆幸
資本金 1億円
売上高 157億円
純利益 ▲1億0500万円(2019年02月28日時点)[2]
総資産 116億8500万円(2019年02月28日時点)[2]
主要株主 金生産業
外部リンク http://www.yamakataya.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社宮崎山形屋(みやざきやまかたや)は、日本の百貨店[1]。資本上では山形屋グループである金生産業が筆頭株主である。

概要[編集]

ボンベルタ橘(橘百貨店)などとともに宮崎市中心市街地の核となる商業施設である。

旭通一丁目の丸三呉服店を買収し山形屋宮崎支店として開店した[3]。 しかし、1952年10月に橘百貨店が開店し、商店街の中心が北へ移動した。

そこで、橘百貨店に対面する位置にあった映画館ロマン座などを買収し[4]1956年(昭和31年)5月18日に現在地へ新築移転した[5]この結果、宮崎市の商店街は、500メートル以上北側に移動することとなった。新店舗は、宮崎市で初めて地下に食料品部門の売場を設置したことや、4階の食堂に東郷青児が描いた優雅な女性像があることなどで、宮崎市民の話題となった。なお、東郷青児による絵画は後の改修時に発見され、現在は新館1階に展示されている。[要出典]

その後、宮崎山形屋は、宮崎市の中心となるデパートとして繁栄してきた[6]2005年イオン宮崎ショッピングセンター(現:イオンモール宮崎)の開業では、大きな影響を受けることが懸念された。しかし、山形屋の品揃えが中高年向けで、高級品を中心としているために客層がずれていること、また対抗して新館を建設したことなどにより、影響は予想より軽微にとどまっている[要出典]。なお、2018年のイオンモール宮崎リニューアルに際し、イオンモール宮崎内にギフトショップを出店している[7]

1997年2002年にそれぞれ新館の計画が打ち出されたものの、長引く不況やイオンの進出決定などの影響で見送られてきた。しかし中心市街地の賑わいを取り戻すべく2005年春にようやく着工、2006年9月12日には新館がオープンした。その際に、宮崎で初めてのCOACHスターバックスコーヒーなどが進出している[要出典]

沿革[編集]

  • 1936年昭和11年)12月 - 旭通一丁目の丸三呉服店を買収し山形屋宮崎支店として開店[3]
  • 1955年(昭和30年)7月1日 - 山形屋から分離独立し、株式会社宮崎山形屋が発足[1]
  • 1956年(昭和31年)5月18日[5] - 口マン座跡地の橘通五丁目(現・橘通東三丁目)を買収し[4]、新店舗を建設して移転[5]
  • 1966年(昭和41年) - 増床[8]
  • 1971年(昭和46年) - 地下1階・地上6階を増床[要出典]
  • 1973年(昭和48年) - 7・8階を増築[要出典]
  • 2006年平成18年)9月 - 新館が完成し現在の姿となる[要出典]
  • 2008年(平成20年)6月 - 新館の東側に第一種市街地再開発事業により立体駐車場「Y・YPARK」完成。1階の一部を店舗として使用[要出典]

ギフトショップ・外商部出張所[編集]

  • 延岡、日向、高鍋、西都、小林、日南(日南地区には、日南山形屋があるが、外商は宮崎山形屋の管轄)、平和台、イオンモール宮崎[7](外商部出張所はなし)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 流通会社年鑑 2003年版, 日本経済新聞社, (2002-12-20), pp. 85 
  2. ^ a b 株式会社宮崎山形屋 第64期決算公告
  3. ^ a b 宮崎市史年表, 宮崎市, (1974), pp. 130 
  4. ^ a b 宮崎市史年表, 宮崎市, (1974), pp. 429 
  5. ^ a b c 宮崎市史年表, 宮崎市, (1974), pp. 443 
  6. ^ 宮崎市史 続編, 宮崎市, (1978-3), pp. 1305 
  7. ^ a b ギフトショップ 宮崎地区|山形屋 (サテライト・ギフトショップ) | 山形屋 (やまかたや) グループ百貨店” (日本語). 山形屋(やまかたや) グループ百貨店. 2018年11月6日閲覧。
  8. ^ 現代日本小売経営戦略, 晃洋書房, (1985-5), pp. 95, ISBN 978-4771002906