宮崎県サッカーリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
宮崎県サッカーリーグ
加盟国 日本の旗 日本宮崎県
開始年 1974年
ディビジョン 2部制
参加クラブ 1部: 10
2部: 14(2ブロック制)
リーグレベル 第6〜7部
上位リーグ 九州サッカーリーグ
下位リーグ 地区リーグ
最新優勝クラブ 1部: 宮崎産業経営大学FC (2019年)
公式サイト 宮崎県サッカー協会 社会人委員会

宮崎県サッカーリーグ (みやざきけんサッカーリーグ) とは、全国の各都道府県にあるサッカー都道府県リーグのひとつ。宮崎県のクラブチームが参加するリーグである。

概要[編集]

2015年までは3部制であったが、2016年から2部と3部を統合し2ブロックに再編、2部制となった。それぞれ1回戦総当たりで行われる。

リーグ構成(2019年)[編集]

  • 1部(9チーム)
  • 2部(2ブロック、各7チーム)

昇格に関して[編集]

  • 1部優勝クラブは九州各県リーグ決勝大会の参加権利を得る。同大会優勝で九州サッカーリーグに自動昇格、準優勝で九州リーグ9位と入替戦を行う。
  • 1部の8位・9位が2部に自動降格。2部の各ブロック1位が1部に自動昇格する。

尚、昇降格に関しては、JFL・九州リーグの昇格降格数により変更があり、詳しくは社会人委員会により協議のうえ決定する。

所属クラブ (2019年)[編集]

1部[編集]

  • 宮崎産業経営大学FC
  • MSG SOGNATORE FC
  • 延岡市SC
  • 高鍋OFC
  • J.U.R.I.SC
  • 宮崎蹴球団ドリームズ
  • FCペレグリン
  • 日南蹴友会
  • 日向太陽SC1973

2部Aブロック[編集]

2部Bブロック[編集]

歴代優勝クラブ[編集]

1部リーグ[編集]

  • 2000年 (第27回) プロフェソール宮崎FC
  • 2001年 (第28回) 延岡市SC
  • 2002年 (第29回) 延岡市SC
  • 2003年 (第30回) 延岡市SC
  • 2004年 (第31回) 延岡市SC
  • 2005年 (第32回) 延岡市SC
  • 2006年 (第33回) 延岡市SC
  • 2007年 (第34回) エストレーラ宮崎FC
  • 2008年 (第35回) MSU FC
  • 2009年 (第36回) MSU FC
  • 2010年 (第37回) 宮崎産業経営大学FC
  • 2011年 (第38回) 延岡市SC
  • 2012年 (第39回) 宮崎産業経営大学FC
  • 2013年 (第40回) MSU FC
  • 2014年 (第41回) J.FC MIYAZAKI
  • 2015年 (第42回) 宮崎蹴球団ドリームス
  • 2016年 (第43回) 延岡市SC
  • 2017年 (第44回) 宮崎産業経営大学FC
  • 2018年 (第45回) 宮崎産業経営大学FC
  • 2019年 (第46回) 宮崎産業経営大学FC
  • 2020年 (第47回) 新型コロナウイルスの影響により、リーグ戦中止[1]

2部リーグ[編集]

  • 1999年 (第26回) プロフェソール宮崎FC
  • 2004年 (第31回) 西諸ドリームズSC
  • 2005年 (第32回) 日向太陽SC1973
  • 2006年 (第33回) 都農FC
  • 2007年 (第34回) 寺門健
  • 2008年 (第35回) 田野ウィングス
  • 2009年 (第36回) 児湯クラブ
  • 2010年 (第37回) 楽蹴クラブ
  • 2011年 (第38回) 高鍋OFC
  • 2012年 (第39回) 新田原基地サッカー部
  • 2013年 (第40回) 宮崎蹴球団ドリームズ
  • 2014年 (第41回) J.U.R.I.SC
  • 2015年 (第42回) FCペレグリン
  • 2016年 (第43回) 宮崎産業経営大学FC
  • 2017年 (第44回) MSG SOGNATORE FC
  • 2018年 (第45回) Aブロック:宮崎蹴球団ドリームズ、Bブロック:日向太陽SC1973
  • 2019年 (第46回) Aブロック:LAHAINA、Bブロック:九保大エルフAGATA

3部リーグ[編集]

  • 2005年 (第32回) FC都城蹴愛
  • 2006年 (第33回) 寺門健
  • 2007年 (第34回) 新田原基地サッカー部
  • 2008年 (第35回) 五十市FC
  • 2009年 (第36回) JURI SC
  • 2010年 (第37回) 宮崎蹴球団ドリームス
  • 2011年 (第38回) FC.GARYUW
  • 2012年 (第39回) 宮崎市役所
  • 2013年 (第40回) 宮崎県庁SC
  • 2014年 (第41回) FC増田
  • 2015年 (第42回) 西都蹴球会

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 代替試合として九州各県リーグ決勝大会宮崎県代表決定戦(6チームによるトーナメント戦)を行い、FC延岡AGATAが優勝。