宮崎県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗宮崎県第1区
衆議院小選挙区 宮崎県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 宮崎市東諸県郡
(2017年7月16日現在)
比例区 九州ブロック
設置年 1994年
選出議員 武井俊輔
有権者数 355,141人
1.52 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

宮崎県第1区(みやざきけんだい1く)は、日本衆議院における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

1996年小選挙区制導入後は、第41回〜第44回まで旧1区を地盤としていた米沢隆旧2区を地盤としていた中山成彬の争いとなっていたが、いずれも中山が勝利しており、米沢は第43回を除いて比例復活すら出来ずに落選した。

2009年第45回衆議院議員総選挙では一旦引退を表明していた中山が撤回を表明。しかし国交相就任時の発言に対する批判が大きかった(この時中山は引責辞任した)こともあり、自民党宮崎県連は中山を公認せず元参議院議員上杉光弘を擁立することを決めた。しかし、上杉と中山は長年にわたり犬猿の仲であったため中山は1区の支部長交代に応じなかった。そのため、最終的には両者とも公認がおりず無所属での出馬となった。一方、川村秀三郎も「民主党の公認でないこと」を前提条件に社民党の推薦を受けたため、保守分裂に加えて無所属3人の出馬という異例の展開となった。その結果、川村が政権交代の追い風に乗って当選。中山と上杉は共倒れになり、自民党にとって最悪の結果に終わった。

2012年第46回衆議院議員総選挙では上杉は比例中国ブロックに転出し、自民党の武井俊輔が川村に大差をつけて初当選。日本維新の会から出馬した中山は選挙区では3番手に甘んじたが比例復活した。一方の川村は比例復活にも届かなかった。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 中山成彬 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 川村秀三郎 無所属
第46回衆議院議員総選挙 2012年 武井俊輔 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:356,152人 最終投票率:49.44%(前回比:+1.11ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武井俊輔42自由民主党94,780票
55.18%
――公明党推薦
外山斎41希望の党57,047票
33.21%
60.19%
内田静雄68日本共産党19,937票
11.61%
21.04%
  • 中山は希望の党公認で比例九州ブロック単独で立候補し当選。

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:349,006人 最終投票率:48.33%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武井俊輔39自由民主党89,171票
54.19%
――公明党推薦
外山斎38維新の党39,394票
23.94%
44.18%
村尾英俊51民主党23,127票
14.05%
25.94%
松本隆53日本共産党12,871票
7.82%
14.43%
  • 中山は次世代の党公認で比例九州ブロック単独で立候補したが落選。

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
武井俊輔37自由民主党78,392票
41.36%
――
川村秀三郎63民主党42,748票
22.56%
54.53%国民新党推薦
比当中山成彬69日本維新の会37,198票
19.63%
47.45%
外山斎36日本未来の党15,300票
8.07%
19.52%新党大地推薦
松村秀利56社会民主党8,414票
4.44%
10.73%
松本隆51日本共産党7,475票
3.94%
9.54%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
川村秀三郎60無所属109,411票
48.30%
――民主党社会民主党推薦×
中山成彬66無所属55,114票
24.33%
50.37%×
上杉光弘67無所属47,116票
20.80%
43.06%×
馬場洋光40日本共産党11,143票
4.92%
10.18%
鶴丸千夏44幸福実現党3,726票
1.64%
3.41%
  • 川村は当選後、民主党に入党。

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山成彬62自由民主党121,355票
56.90%
――
米沢隆65民主党56,890票
26.67%
46.88%
鳥飼謙二57社会民主党26,297票
12.33%
21.67%
前屋敷恵美55日本共産党8,735票
4.10%
7.20%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山成彬60自由民主党99,969票
52.71%
――
比当米沢隆63民主党71,616票
37.76%
71.64%
小城正克49無所属9,196票
4.85%
9.20%×
野田章夫43日本共産党8,865票
4.67%
8.87%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山成彬57自由民主党91,472票
42.92%
――
米沢隆60民主党75,761票
35.55%
82.82%
外山良治51社会民主党24,791票
11.63%
27.10%
川越宏樹52無所属13,108票
6.15%
14.33%×
野田章夫40日本共産党7,974票
3.74%
8.72%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中山成彬53自由民主党78,145票
41.14%
――
米沢隆56新進党75,152票
39.56%
96.17%
松浦利尚71社会民主党23,730票
12.49%
30.37%
長友ちか40日本共産党12,025票
6.33%
15.39%
椎葉憲一51自由連合913票
0.48%
1.17%

脚注[編集]

関連項目[編集]