宮崎県道49号北方土々呂線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
宮崎県道49号標識
宮崎県道49号 北方土々呂線
主要地方道 北方土々呂線
起点 延岡市北方町川水流【地図
終点 延岡市土々呂町【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道20号標識
宮崎県道20号北方北郷線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道225号標識
宮崎県道225号八重原延岡線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道226号標識
宮崎県道226号土々呂日向線
Japanese National Route Sign 0010.svg 国道10号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

宮崎県道49号北方土々呂線(みやざきけんどう49ごう きたかたととろせん)は、宮崎県延岡市を通る県道主要地方道)である。

概要[編集]

延岡市北方町川水流から延岡市土々呂町に至る。JR日豊本線の線路沿いや住宅地、田園地帯や五ヶ瀬川の右岸等、さまざまな地点を通過する。一部は比較的新しい道で、旧国道10号の区間もある。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1949年6月1日-宮崎県告示第226号により宮崎県道山口原延岡線(一般県道)として路線認定がなされる。当時の整理番号は83だった。(東臼杵郡北方村字山口原-延岡市間)
  • 1958年1月23日-宮崎県告示第60号により宮崎県道三須土々呂停車場線(一般県道)として路線認定がなされる。当時の整理番号は168だった。(延岡市三須町-延岡市土々呂停車場間)
  • 1972年11月-宮崎県道213号山口原延岡線(一般県道)、宮崎県道216号三須土々呂停車場線(一般県道)となる。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道山口原延岡線・県道八重原延岡線の一部・県道三須土々呂停車場線の一部が北方土々呂線として主要地方道に指定される[1]
  • 1994年-宮崎県告示第413号、第414号により宮崎県道213号山口原延岡線、宮崎県道216号三須土々呂停車場線が合併し、宮崎県道49号北方土々呂線に昇格。

路線状況[編集]

おもな通称[編集]

  • 土々呂ミニバイパス

重複区間[編集]

おもな橋[編集]

  • 井替橋(井替川)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

県道49号北方土々呂線(延岡市土々呂町2丁目)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目[編集]