宮崎西バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道10号標識

宮崎西バイパス(みやざきにしバイパス)は、宮崎県宮崎市大橋から宮崎市大字富吉に至る全長約6kmの国道10号バイパスである。

概要[編集]

  • 起点:宮崎県宮崎市大橋3丁目
  • 終点:宮崎県宮崎市大字富吉
  • 総延長:5.7km
  • 車線数:全線4車線
  • 元々、国道10号は橘橋を渡り現在パチンコ店のある交差点(中村一丁目交差点)で国道220号と分岐し、西に進むコースであった(現在は一部が県道17号南俣宮崎線、その他は宮崎市道に格下げされている)。
  • 宮崎大橋の完成を期に、現状のデパート前での分岐に変更されており橘通のアーケードは国道220号に変更されることとなる。
  • 全線開通するまでは、旧道全線において渋滞が激しかったが現在はその他迂回できる幹線道路も完成し渋滞が緩和されている。

歴史[編集]

  • 1974年:事業化
  • 1988年:起点 - 大塚町交差点間4車線完成
  • 1989年:大塚町交差点 - 大塚台西一丁目間暫定2車線完成
  • 1996年:大塚町交差点 - 大塚台西一丁目間4車線完成、大塚台西一丁目 - 浮田間暫定2車線完成
  • 2000年:全線供用開始
  • 2004年:全線4車線完成

接続路線[編集]