宮嶋茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮嶋 茂樹
(みやじま しげき)
生誕 (1961-05-30) 1961年5月30日(57歳)
日本の旗 日本兵庫県明石市
国籍 日本の旗 日本
教育 日本大学藝術学部写真学科
職業 報道カメラマン
ジャーナリスト
活動期間 1984年 – 現在
配偶者 あり
家族
公式サイト 不肖!宮嶋茂樹のウェブサイト

宮嶋 茂樹(みやじま しげき、1961年5月30日 - [1])は、日本報道カメラマンジャーナリスト

来歴[編集]

兵庫県明石市出身[1]白陵中学校・高等学校卒業後、[2]1980年4月、日本大学藝術学部写真学科に入学[3][1]。1984年3月、同大卒業後、同年4月、講談社に入社。「フライデー」専属のカメラマンとして取材を経験。

1986年2月、フィリピンエドゥサ革命をどうしても取材がしたくて、派遣メンバーが決定済の状態で編集部に懇願したが叶わず、新婚旅行の前倒しで休暇を申請して渡航。しかし、滞在中に事態が進まず思う様な写真が撮影出来ず、帰国した1ヶ月後に政変事態が進行し、再度渡航を懇願したが拒否されて、本来の芸能スクープ写真撮影を命じられた[4]。当時は社業に従ったが、”取材ネタを選びたい”欲求に駆られて、1987年3月、講談社を退職し、フリーランスのカメラマンとして独立[5]

日本の他、コソボ[3][2]など世界各地を取材した[3]。1996年に東京拘置所麻原彰晃の写真を撮影した[2]ほかロシア外遊中の金正日の姿[6]などスクープ写真を撮影した。通称「不肖・宮嶋」[2]

また、2015年度から2年間、母校である日大藝術学部写真学科の客員教授を務めた[7][8]

趣味はハンティング[9]と模型制作[10]

毎年8月15日には必ず靖国神社への参拝を心がけているという[11]。また、皇紀(神武天皇即位紀元)を、産経新聞での自身のコラムで使用している[12]

プライベートでは、1980年代に交際していた、カメラマンの女性と結婚したが離婚[13]。後に、ロシア人女性と再婚している[14]

受賞歴[編集]

主張・活動[編集]

著作[編集]

写真集[編集]

  • 『人間 赤尾 敏』(1991年10月 話の特集社 ISBN 4-8264-0119-1)
  • 『俺に是非を説くな 激しき雪が好き 野村秋介 写真集』
  • 自衛隊 LADIES ‘95 陸・海・空 婦人自衛官写真集』
  • ボスニアの微笑み』
  • 『不肖・宮嶋inイラク―死んでもないのに、カメラを離してしまいました。』(アスコム,2003年) ISBN 4776200880
  • 『不肖・宮嶋イツデモドコデモダレトデモ』
  • 『不肖・宮嶋 誰が為にワシは撮る』(大和書房,2005年) ISBN 978-4479391241
  • 『任務 −自衛隊イラク派遣記録−』(都築事務所,2005年) ISBN 978-4396693213
  • 『不肖・宮嶋、再び。自衛隊レディース』(イカロス出版,2008年) ISBN 978-4863200173
  • 『再起』(ベストセラーズ,2011年)ISBN 978-4584133286
  • 『MIGHTY FLEET 精強なる日本艦隊』(講談社 平成24年(2012年)) ISBN 978-4-06-218076-4
  • 『国防男子』(集英社,2014年)ISBN 978-4087807172
  • 『国防女子』(集英社,2014年)ISBN 978-4087807189

ルポルタージュ・エッセイ[編集]

  • 『ああ、堂々の自衛隊』
  • 『不肖・宮嶋史上最低の作戦』
  • 『不肖・宮嶋! 撮らずに死ねるか』
  • 『不肖・宮嶋 踊る大取材線』
  • 『不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません』
  • 『空爆されたらサヨウナラ 戦場コソボ、決死の撮影記』
  • 『不肖・宮嶋のネェちゃん撮らせんかい!』
  • 『不肖・宮嶋南極観測隊ニ同行ス』
  • 『不肖・宮嶋の一見必撮!』
  • 『不肖・宮嶋 金正日を狙え!』(2003年4月25日 文藝春秋 ISBN 4163593608)
    • (文庫本版 2006年4月10日 文春文庫プラス ISBN 4167713012)
  • 『不肖・宮嶋 国境なき取材団』
  • 『私の異常な愛情 −不肖・宮嶋流戦争映画の正しい観方−』(ぴあ,2004年) ISBN 978-4835609584
  • 『儂は舞い降りた—アフガン従軍記 上』(祥伝社,2005年) ISBN 978-4396313869
  • 『儂は舞い上がった—アフガン従軍記 下』(祥伝社,2005年) ISBN 978-4396313876
  • 『サマワのいちばん暑い日—イラクのド田舎でアホ!と叫ぶ』(祥伝社,2005年) ISBN 978-4396693206
  • 『不肖・宮嶋ちょっと戦争ボケ〈上〉1989〜1996』(新潮社,2005年) ISBN 978-4101242330
  • 『不肖・宮嶋ちょっと戦争ボケ〈下〉1996〜1999』(新潮社,2005年) ISBN 978-4101242347
  • 『不肖・宮嶋青春記』(ワック,2005年) ISBN 978-4898310816
  • 『不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる! (14歳の世渡り術) 』(河出書房新社,2007年) ISBN 978-4309616452
  • 『不肖・宮嶋のビビリアン・ナイト 上 爆弾ボコボコの巻』(祥伝社,2007年) ISBN 978-4396693244
  • 『不肖・宮嶋のビビリアン・ナイト 下 砲弾ドカドカの巻』(祥伝社,2007年) ISBN 978-4396693251
  • 『不肖・宮嶋 戦場でメシ喰う!』(ワールドフォトプレス,2008年) ISBN 978-4846526665

出演[編集]

映画[編集]

  • SCOOP!(2016年10月1日公開、東宝) - 不肖・宮嶋 役

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 宮嶋 茂樹 著者別記事 - 週刊文春WEB
  2. ^ a b c d 第二十回 宮嶋茂樹-前編-不肖・宮嶋が報道カメラマンをめざした理由。|平成の世にサムライを探して|日立ソリューションズ 2007.06.21
  3. ^ a b c d 日本大学芸術学部 TO JOIN NUART #01
  4. ^ 第二十一回 宮嶋茂樹-後編-不肖・宮嶋 カメラマンだからこそ、人が見ない有事が見られる。~この役得が私を現場に駆り立て続ける~|平成の世にサムライを探して|日立ソリューションズ 2007.06.21
  5. ^ a b 日藝賞第4回受賞者 日本大学芸術学部
  6. ^ エルオネス 元木昌彦のメディアを考える旅43
  7. ^ [https://www.facebook.com/460191934019519/posts/2015-10-05-本日は不肖-宮嶋こと報道写真家・日�/964054933633214/ 日大藝術学部写真学科 Facebook 2015年10月5日]
  8. ^ 問う「共謀罪」 言論人から カメラマン宮嶋茂樹さん(55)危険視だけの反対論、同意できない 朝日新聞 2017年5月14日 31面
  9. ^ 宮嶋茂樹 第1回「巨匠に撮られるのはどうも落ち着きません。変な汗が出てきました」 2015年03月04日(水) 島地 勝彦
  10. ^ 宮嶋 茂樹 「スケール・モデル」と言わんかい 2013.01.11 07:03
  11. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 首相辞めても安心できんで 産経新聞 2011年8月18日付
  12. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 上見て暮らしたらアカン 産経新聞 2011年1月6日付
  13. ^ 髙山正之『放言BARリークス』#50 - YouTube
  14. ^ 髙山正之『放言BARリークス』#7 - YouTube
  15. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.com 13 May 2017 16:22:57 UTC閲覧
  16. ^ 聞けタイゾー 「徴兵制」こそニート対策」、『週刊文春』1月19日号、文藝春秋、2006年1月 p140-141
  17. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 小沢“呆中団”600人 産経新聞 2009年12月24日付
  18. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 海上保安官に「犯人」だなんて失礼。「勲章上げてもいい」 産経新聞 2010年11月11日付
  19. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 アフガンに自衛隊出すか? 産経新聞 2009年9月17日付
  20. ^ 宮嶋茂樹 首相の身辺洗ってたたき潰せ 産経新聞 2011年7月21日付
  21. ^ 夕刊フジ 2017年3月23日号
  22. ^ 【月刊正論】東シナ海も日本海も波高し 不肖・宮嶋、鬱陵島ニ突入ス 産経新聞 2011年9月1日付
  23. ^ 宮嶋茂樹 風評被害拡大させる「プロ市民」 産経新聞 2011年10月13日付
  24. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.com 13 May 2017 16:13:58 UTC閲覧。
  25. ^ 中韓が「反日活動家」送り込んでくるど! “テキ”招き入れる入管法成立 (1/2ページ)”. zakzak. 2019年2月4日閲覧。