宮川将

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮川 将
埼玉武蔵ヒートベアーズ 選手兼任コーチ #18
S miyagawa20180608.jpg
楽天時代
(2018年、ロッテ浦和球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府泉南市
生年月日 (1990-10-19) 1990年10月19日(28歳)
身長
体重
184 cm
87 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2012年 育成選手ドラフト1位
初出場 2013年6月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 埼玉武蔵ヒートベアーズ (2019 - )

宮川 将(みやがわ しょう、1990年10月19日 - )は、大阪府泉南市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

2013年から2018年までは、NPB東北楽天ゴールデンイーグルスに在籍。育成選手としての入団で、1年目の途中に支配下登録選手へ移行してからも、故障が相次いだ影響で育成選手契約と支配下選手契約を繰り返していた。2019年シーズンからは、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)埼玉武蔵ヒートベアーズで、投手としてプレーを続けながら投手コーチを兼務する。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校2年生から野球を始めると、大体大附中学校では準硬式野球部に所属。大体大浪商高校時代は「大阪No1ピッチャー」と評されるも、春夏とも阪神甲子園球場の全国大会に出場できなかったため、プロ志望届日本学生野球協会へ提出せず[1]大阪体育大学へ進学した。

大阪体育大学では、1年次の阪神大学野球春季リーグ戦で開幕投手に抜擢されると、ベストナインを獲得[2]。1年次の秋に右肘を痛めてからは、同期の左投手・松葉貴大と並んで、エースとして活躍した[2]。リーグ戦では、通算29勝9敗、防御率2.00、274奪三振を記録。リーグMVPを3回、最優秀投手賞を1回受賞している。

2012年のNPB育成ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから1巡目で指名。支度金300万円、年俸240万円(金額は推定)という条件で、育成選手として契約した[3]背番号は「121」。ちなみに、ドラフト会議の直前から、TBSテレビ制作の『ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう』の取材クルーが宮川に密着。同番組への出演中に指名を受けた。

楽天時代[編集]

2013年イースタン・リーグの公式戦で、主に中継ぎとして、6月までに3勝0敗、防御率2.89を記録した[4]。6月2日に支配下選手契約へ移行すると[5]ともに、背番号を90へ変更[5]。さらに、同日の出場選手登録[6]を経て、6月5日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)に救援投手として一軍デビューを果たした[6]。8月4日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)では、先発の戸村健次が4回3失点で降板したにもかかわらず、打線が5回表にNPB新記録の1イニング7二塁打で7点を挙げて逆転。5回裏から2番手で登板した宮川は、残りの3イニングを5安打1失点で凌ぐと、一軍でのプロ初勝利を記録するとともにチームの7連勝(球団タイ記録)に貢献した。育成選手としてNPBの球団へ入団した投手が、1年目に一軍公式戦で勝利投手になった事例は初めてであった[7][8][9][10]。8月27日の対オリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)では、2番手で登板すると、大学時代にエースの座を争ったオリックス先発・松葉との投げ合いが初めて実現[11]。9月23日の対日本ハム戦(札幌ドーム)で一軍初先発を果たすと、7回を1安打無失点に抑えて2勝目を挙げた[12]。一軍公式戦全体では、17試合の登板で2勝0敗1ホールド、防御率2.45をマーク。レギュラーシーズン終盤の10月19日には、TBSテレビで放送の『バース・デイ』で、プロ入りまでの半生が改めて紹介された。

この年にはチームがパシフィック・リーグで初優勝・日本シリーズへの初進出を果たしたことから、同シリーズの出場資格者名簿には、ドラフト2巡目で入団の同期投手・則本昂大と共に登録[13]。巨人との対戦になった日本シリーズでは、第4戦(10月30日・東京ドーム)の4回裏に、2番手投手としてポストシーズン初登板を果たした。しかし、先頭打者からの2連続四球と長野久義の適時打で1点を失ったうえに、4人目の打者・寺内崇幸に対する頭部付近への死球で日本シリーズ史上3人目(球審からの危険球宣告では2人目)の退場処分を受けた[14]。日本シリーズで登板できたのはこの試合だけで、1アウトも取れなかったため、シリーズでの防御率は記録上無限大になっている。

チームの日本シリーズ初制覇によって進出した台湾でのアジアシリーズでは、地元の統一セブンイレブン・ライオンズ中華職業棒球大聯盟での優勝チーム)と対戦した11月19日の準決勝に先発。しかし、2回途中3失点という内容で敗戦投手になったばかりか、チームも決勝進出を逃した[15]

2014年オープン戦で出遅れた影響で、5月20日にシーズン初の出場選出登録。登録後の一軍公式戦には、主にロングリリーフで起用された。7月2日の対オリックス戦からは、先発陣の一角に定着。一軍公式戦では、前年と同じ17試合の登板で、3勝1敗1ホールド、防御率4.29という成績を残した。しかし、右肘頭の疲労骨折が判明したことから、レギュラーシーズン終了後の10月15日に骨の移植手術を行った[16]。その影響で、手術後の10月28日には、球団から支配下選手契約の解除を通告[17]。11月10日には、再び育成選手契約を結ぶとともに、背番号も入団時の121に戻した[18]

2015年、前年の手術からのリハビリへ専念したことに加えて、夏場に右肘のクリーニング手術を受けた[19]。このため、二軍でも実戦登板の機会がなく、支配下登録選手への復帰も見送られた。

2016年、二軍救援陣の柱として、イースタン・リーグ公式戦17試合に登板すると、防御率2.95をマーク。7月17日には、支配下登録選手へ復帰するとともに、背番号を再び90に変更した[20]。7月18日には、自身2シーズン振りの出場選手登録を経て、対日本ハム戦(札幌ドーム)への救援登板で一軍公式戦への復帰を果たした[21]

2017年、イースタン・リーグ公式戦12試合の登板で、2勝3敗、防御率3.91を記録した。しかし、一軍公式戦への登板機会がなく、シーズン終了後には三たび育成選手契約を締結。背番号も121に戻った[22]

2018年、イースタン・リーグ公式戦6試合に登板したが、勝敗は付かず、防御率は10.80にまで達した。支配下登録選手への復帰や一軍公式戦への登板に至らないまま、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[23]。10月31日付でNPBから自由契約選手として公示された[24]が、育成選手契約関連の規約に沿った過去の公示と違って、球団は宮川との再契約に至らなかった。11月13日に12球団合同トライアウトタマホームスタジアム筑後)へ参加。シートバッティング方式で3人の打者と対戦したところ、最速148km/hのストレートで三者凡退に抑えた[25]

BCリーグ・武蔵時代[編集]

2018年12月7日に、埼玉武蔵ヒートベアーズが、投手コーチとの兼務扱いで宮川と契約したことを発表した[26]背番号は「18」。

選手としての特徴[編集]

ストレートと変化球はカーブと2種類のスライダーが武器の本格派右腕[27]。制球力に課題を残す[28]

楽天への入団後は、2度にわたる右肘の手術や投球フォームの改造によって、ストレートの最高球速が147km/hから151km/hにまで向上。ストレートで常時140km/h台の後半を計測するようになった[20]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 楽天 17 2 0 0 0 2 0 0 0 1.000 177 40.1 41 5 21 0 0 33 2 0 11 11 2.45 1.54
2014 17 4 0 0 0 3 1 0 0 .750 183 42.0 44 5 17 0 3 32 2 0 23 20 4.29 1.45
2016 9 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 35 9.2 5 0 3 0 1 9 0 0 1 1 0.93 0.83
通算:3年 43 6 0 0 0 5 1 0 1 .833 395 92.0 90 10 41 0 4 74 4 0 35 32 3.13 1.42
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 121 (2013年 - 同年6月1日[5]、2015年 - 2016年7月16日、2018年)
  • 90 (2013年6月2日[5] - 2014年、2016年7月17日 - 2017年)
  • 18 (2019年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マウンドに立つ背番号「90」と「70」。楽天・宮川、ヤクルト・八木の再出発。”. Number Web. 文藝春秋. p. 1 (2013年6月19日). 2013年7月2日閲覧。
  2. ^ a b マウンドに立つ背番号「90」と「70」。楽天・宮川、ヤクルト・八木の再出発。”. Number Web. 文藝春秋. p. 2 (2013年6月19日). 2013年7月2日閲覧。
  3. ^ “育成1位宮川と契約”. nikkansports.com. (2012年11月20日). http://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2012/news/f-bb-tp0-20121120-1049574.html 2012年11月20日閲覧。 
  4. ^ “育成の宮川が支配下へ背番号90”. nikkansports.com. (2013年6月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130602-1136865.html 2013年6月2日閲覧。 
  5. ^ a b c d 【宮川将選手】支配下登録に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年6月2日). 2013年6月2日閲覧。
  6. ^ a b c “宮川1軍デビューは2回無失点”. nikkansports.com. (2013年6月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130605-1138422.html 2013年8月6日閲覧。 
  7. ^ 記録ラッシュの楽天 11二塁打はプロ野球タイ 4連続はリーグタイスポーツニッポン2013年8月4日配信
  8. ^ 7連勝の楽天 最短9日にマジック39点灯スポーツニッポン2013年8月5日配信
  9. ^ 楽天 記録ずくめ!球団タイ7連勝、プロ野球新1イニング7二塁打スポーツニッポン2013年8月4日配信
  10. ^ 育成出身ルーキー宮川がプロ初勝利 ウイニングボールは最愛の父へスポーツニッポン2013年8月4日配信
  11. ^ 東北楽天ひと休み 新人左腕に打線沈黙 連勝「3」で止まる河北新報「羽ばたけイーグルス」2013年8月28日配信
  12. ^ a b 楽天4連勝でM3!育成ドラ1宮川、プロ初先発で7回1安打零封スポーツニッポン2013年9月23日配信
  13. ^ 楽天VS巨人 日本シリーズ出場資格者を発表スポーツニッポン2013年10月24日配信
  14. ^ 宮川 危険球で退場…日本シリーズでは多田野以来2人目スポーツニッポン2013年10月30日配信
  15. ^ 宮川2回途中でKO「悔しい」/アジアシリーズ日刊スポーツ2013年11月19日配信
  16. ^ 楽天宮川が右肘手術 育成選手でリハビリ”. nikkansports.com (2014年10月18日). 2015年3月17日閲覧。
  17. ^ 来季の支配下選手契約に関して平成26年10月28日 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト
  18. ^ 来季の育成選手契約に関して平成26年11月10日 東北楽天ゴールデンイーグルス・オフィシャルサイト
  19. ^ 楽天が育成の宮川将を支配下選手登録 右肘手術から復活”. デイリースポーツ (2016年7月17日). 2016年7月19日閲覧。
  20. ^ a b 楽天、育成の宮川将を支配下登録、背番90”. nikkansports.com (2016年7月17日). 2016年7月19日閲覧。
  21. ^ 楽天宮川、育成から復帰マウンド2年ぶり1軍で0封”. nikkansports.com (2016年7月18日). 2016年7月19日閲覧。
  22. ^ 【楽天】久保裕也投手ら4選手と育成契約”. スポーツ報知 (2017年11月17日). 2018年11月19日閲覧。
  23. ^ 楽天が元G小山、育成の横山、宮川、入野、匠、向谷の計6選手に戦力外通告”. FullCount (2018年10月1日). 2018年11月19日閲覧。
  24. ^ 自由契約選手(育成選手)|2018年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2018年10月31日). 2018年11月10日閲覧。
  25. ^ 48人が参加 プロ野球合同トライアウト/詳細”. 日刊スポーツ (2018年11月13日). 2018年11月16日閲覧。
  26. ^ 投手兼任投手コーチ就任のお知らせ”. 埼玉武蔵ヒートベアーズ (2018年12月7日). 2018年12月8日閲覧。
  27. ^ 週刊ベースボール2013年10月28日号 P128
  28. ^ “大体大・宮川 同期ドラフト候補にメラメラ「自分が抜かれた形なので」”. Sponichi Annex. (2012年1月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/01/01/kiji/K20120101002343970.html 2012年11月20日閲覧。 
  29. ^ 2013年7月28日 楽天 対 千葉ロッテ 成績詳細”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年7月28日). 2013年8月6日閲覧。
  30. ^ “宮川、球団初の育成出身白星飾った!”. スポーツ報知. (2013年8月4日). http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20130804-OHT1T00172.htm 2013年8月6日閲覧。 
  31. ^ 2013年8月4日 北海道日本ハム 対 楽天 成績詳細”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年8月4日). 2013年8月6日閲覧。
  32. ^ 2013年9月23日 北海道日本ハム 対 楽天 成績詳細”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2013年9月23日). 2013年9月23日閲覧。
  33. ^ 2013シーズン 楽天イーグルス 選手登場曲リスト”. 東北楽天ゴールデンイーグルス. 2015年9月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月6日閲覧。

関連項目[編集]