宮川賢の誰なんだお前は?!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(宮川賢の誰なんだお前はから転送)
宮川賢の誰なんだお前は?!
ジャンル バラエティ
放送期間 1995年10月9日 - 1998年10月2日
放送時間 月曜日~金曜日21:00 - 23:00他
放送局 TBSラジオ
パーソナリティ 宮川賢
テンプレートを表示

宮川賢の誰なんだお前は?!』(みやかわまさるのだれなんだおまえは)は、TBSラジオ(分社化前、ラテ兼営時代 の東京放送))で1995年(平成7年)10月9日 - 1998年(平成10年)10月2日まで平日夜に放送されていた生放送のラジオ番組。

通称は誰おま

概要[編集]

聴取率不振を受け番組終了となった前番組『恋する電リクBINGO BONGO』の後を受けてスタートした番組で、パーソナリティには劇団ビタミン大使ABC主宰であり、同局では『土曜裏ワイド宮川賢のラジオはナメるな』など深夜放送を中心に数々の番組でパーソナリティを務めていた宮川賢が起用された。番組名は1993年(平成5年)に宮川が初めて持った自身の冠番組でもある、パックインミュージック21火曜2部で使われていたものを復活させた。

番組は毎日オープニングで1つのテーマや企画を設けて、宮川がリスナー電話を繋いで番組を展開するリスナー参加型コーナーが主体で、その合間にレギュラーコーナー(「カウントダウンワースト5」など)や箱番組などを挟む構成であった。これまで宮川が担当した深夜番組での、およそラジオの企画とは思えない過激さ・下品さは(時間帯も考慮されたか)やや抑えられていたが、それでも番組企画でのバカらしさ・くだらなさは健在であった。

前番組で不振だった聴取率も回復を見せ、文化放送ニッポン放送など在京ラジオ局の夜ワイド番組でも激しい聴取率争いを展開。全盛期には首都圏での同時間帯聴取率で首位を獲得することもあり、宮川はすっかり天狗になり自分の事を「ラジオキング(略してラジキンさん)」とリスナーに呼ばせたりもした(もちろんネタであるが)。また年末・クリスマスなどには「本当に誰なんだお前は?!」「誰おまクリスマスジャンボリー」と称して特番として放送時間を大幅に拡大し、リスナーからの不幸話を募集したりしていた。

番組の終焉とその後[編集]

しかし番組後期になってくると、リスナー登録(後述)が形骸化され、宮川単独のパーソナリティからお笑い芸人女性アイドルなどの出演者が日替わりで加わり、またゲーム相談コーナーやタイアップ企画など、元来宮川の番組が持っていた個性を失っていった。

内容が迷走気味となってしまい、他局の裏番組はもちろん、TBSラジオ内でも似たような投稿コーナーを展開した後続の『UP'S』、特に当番組と同時にスタートした月曜日の『伊集院光深夜の馬鹿力』にリスナーが流れ出し、『誰おま』の人気は急落した。1997年(平成9年)4月改編でスタートしたUP'S火曜『爆笑問題カーボーイ』が人気を獲得すると、さらに拍車がかかった。

打ち切り決定、そしてニュース番組へ[編集]

一方で関東のAMラジオ界では前々番組にあたる『東京RADIO CLUB』がスタートしたその年、1990年(平成2年)にNHKが『特集・ラジオ深夜便』を投入し、翌1991年(平成3年)正式にレギュラー番組となる。TBSでは1980年代後半に放送した『ハローナイト』『ロンペーの夜に乾杯!』で大人向け夜ワイドに挑戦し、時期尚早に終わったが、それら世代を『深夜便』は見事に獲得。新たなリスナー層の開拓にも成功し、NHK-R1は時間帯聴取率とシェアの両面でトップに躍り出た。この結果を前に、TBS社内では「夜10時は誰のものか」という激論がなされていた。折から日本のインターネット黎明期でラジオそのものを聴かなくなる若年層も出るなどの時代の変化も影響し、最終的に「ニッポン放送、文化放送と同じジャンルの番組をこのまま、やり続けていたのではTBSラジオの夜枠に未来はない」という結論に達し、『夜はともだち』以来、途中での方針転換も含め、足かけ23年に渡って手掛けた中高生ターゲットの夜ワイド番組から撤退することになった。このため、宮川の担当番組も学生・若年層から社会人・中年層を狙った番組にシフトする方針が決まって、『誰おま』は1998年(平成10年)10月改編で終了した。

後継番組『BATTLE TALK RADIO アクセス』はターゲットとするリスナーの年齢層を大幅に上げ、ニュースを扱う討論番組へと大胆な転換を実施。在京民放AM3局の夜ワイド番組としては最長不倒となる11年半におよぶ長寿を達成。2010年(平成22年)4月改編で『ニュース探究ラジオ Dig』へリニューアル。2013年(平成25年)4月改編スタートの『荻上チキ・Session-22』へと引き継がれている。

リスナー世代の成長と流出[編集]

宮川は『誰おま』打ち切り後もTBSラジオとの縁が続き、「デジ虫」等の趣味であるパソコン番組、中年が聞く月曜19時台、昼帯に進出する事になる。当時のリスナーも中年になったが、宮川は自身の番組内で「誰おまステッカーが未だに届かないんですけど」などという手紙も来たと述べている。

そして、この時間帯のTBSラジオに聴く番組がなくなった若年層は文化放送『古本新之輔 ちゃぱらすかWOO!』やTOKYO FMnack5といった同じ関東地盤のFM局などに流出。ニッポン放送では『誰おま』の裏番組だった『ゲルゲットショッキングセンター』が当番組終了後最初の改編期となる1999年(平成11年)4月改編で打ち切られ、後継の『allnightnippon SUPER!』以降は全国ネットに活路を求めた。

出演者[編集]

パーソナリティ[編集]

レギュラー出演者[編集]

など

お笑いパーソナリティ[編集]

1998年4月から同年9月までの半年間(月〜木曜)、当時の若手お笑い芸人がお笑いパーソナリティとして参加。また水曜は週替わりで担当。

放送時間[編集]

テーマ曲[編集]

主なコーナー[編集]

リスナー登録
宮川の深夜放送時代から続く制度でリスナーは登録制であり、顔入りの写真を貼ったはがきを番組宛に送れば、リスナー登録されるというもの[1]。またリスナー登録後には、番組からノベルティとしてステッカーが届くため、ステッカー欲しさに家族や友人など何名も写っている写真を番組宛に送り、勝手に他人をリスナー登録してしまう者もいた。なお、リスナー登録していない者は番組では「モグリ」とされていた。のちに毎日、登録したリスナーに電話してシリトリを繋いでいく企画もあったが、シリトリが繋がる事は滅多になかった。
誰おまテレホン(「大鵬薬品 アン・アン・アン」・「誰おまスペシャル!」)
毎回テーマを設けリスナーから参加者を募り、宮川がリスナーに電話を繋いで、そのエピソードを披露してもらう。番組開始から半年間は「大鵬薬品 アン・アン・アン」のコーナータイトルで始まり、その後「誰おまテレホン」に改題された。ごく短期間ではあるが、22時台前半に「誰おまスペシャル!」のタイトルが付されたこともある。内容はどちらの枠もほぼ同様。企画の詳細については、下記項目を参照。
誰おまパンパカパ〜ン!
1996年4月より22時台後半から23時直前にかけて設定された枠。「誰おまテレホン」に比べ短い枠であるため、クイズやカラオケなどの企画が多かった。企画の詳細については、下記項目を参照。
DJ FUMIYA In The House
史上最年少(当時)でDJになったFUMIYAのテクニックを披露する。
誰おま鯛焼き
番組で企画制作し、実際に和風ファーストフードチェーン店一口茶屋で販売もされたノベルティグッズ。リスナーにも配達した。
Super カウントダウンワースト5
宮川の深夜番組で好評だったコーナーが移行。いつもカラオケなどで迷惑がられている人たちに、たまには日の目を見させてやろうという下手くそシンガー救済企画。リスナーから自分で吹き込んだド下手カラオケテープを送ってもらい、みんなで笑うというもの。
テスト宝くじ
中間・期末・学年末テストの点数を宝くじの番号にして、賞金をプレゼントするもの。当選番号のテープルーレットを「誰おま」内の箱番組を担当している椎名へきるが担当(当選番号の点数をすべて収録)。尚、当選番号は2ケタであり、テストの点数が100点の場合は、それだけで充分嬉しいので参加不可(つまり、参加できるのは00〜99点獲得者のみ)。
堀井君の木曜日 略して ほりもく
毎週木曜日に堀井憲一郎がテーマを決めて調査してきた結果を公表するもの。例として、コンビニエンスストアの会計で細かい金額が出た場合、"大きい額を出しておつりをもらう"、"1円単位まで合わせて払う"、"下数桁だけ合わせて払い、ややまとまったおつりをもらう"のどれが一番清算にかかるタイムが短いか、など。コーナー名は、「ほりもく」以外にも「ほも」や「りも」や「ほ」など、原型がよく分からない長さにまで縮められたこともある。
エンディングテーマ
エンディングテーマを歌ってくれるリスナーを毎日募集した。但し番組としてのエンディングソングが特に無いので、リスナーが歌いたい楽曲をア・カペラで披露した。伊集院光もリスナーに扮して参加したことがあり(勿論バレバレ)TRFの「BOY MEETS GIRL」を熱唱したことがある。また番組開始当初は番組エンディングソングを作成して、多くのリスナーが合唱に参加してもらうという壮大な企画のようであった。尚、番組最終回は電話受付を雇うのを忘れてしまった為に、番組初期のオープニングテーマが流され、番組が締められた。
口コミゴシップ
リスナーから芸能人などのゴシップネタ(無論、ネタ元は定かではない)を募集し、それを留守番電話に伝言するコーナー。OP時はその日の曜日を冠し、「Monday 口コミゴシップ」(月曜日の場合)というふうに呼称していた。「口コミ」は「くちこみ」と読むが、「ろこみ」と読み間違えられたこともあった[2]
  • 月〜木曜日
TBSアナウンサー向井政生の進行(事前取り)で、伝言を淡々と流していた。途中から明らかにガセネタや嘘と分かるものが増加し、のちに打ち切りとなった。
  • 金曜日
「井上公造の何処なんだ出元は?!」。芸能レポーター井上公造が出演し、マル秘芸能情報を伝えていた。また一時期において、当時テレビ朝日で放送されていた「やじうまワイド」からタイトルを引用したとされる、「やじうま新聞」女性自身から引用した「クチコミ自身」なる芸能情報紙を発行しており、ヤマト運輸首都圏コンビニエンスストアを中心に展開していた伝言FAXを利用した情報サービスも行っていた。もともと金曜日にあった井上のコーナーが口コミゴシップ枠に組み込まれただけであったため、月〜木枠が打ち切りになったあとも存続した。

誰おまパンパカパ〜ン!の主な企画[編集]

クイズミュージックシェイカー
リスナー参加の賞金クイズで、異なる楽曲3曲を同時に流して、3曲の曲名を全て当てるもの。分かったらストップと叫んで、曲の再生を止め、3曲を答える。再生を開始してから0〜10秒で正解すれば賞金3000円、11〜20秒で正解すれば賞金2000円、21〜30秒で正解すれば賞金1000円を獲得。当初は週一だったが、後に毎日行われる事に。また流される曲のアーティストやジャンルを指定出来る場合や、カウントダウンワースト5のランキング紹介に混じって行われたり、出題曲がエンディングで歌われたリスナーのア・カペラになっている場合もあった。
ユニゾンクイズ(ユニゾンクイズハイパー)
リスナー2人1組で参加。読み上げられた問題を、合図の後に同時に答える。両者とも正解で賞金獲得。更に、次の問題へ進んで賞金倍増を狙うか、降りて賞金を獲得するかを選択。1人でも間違えたり合図に合わなかった場合は失格。「ユニゾンクイズ」では4問制(賞金1000円→2000円→4000円→8000円)だったが、「〜ハイパー」では3問制(賞金1000円→3000円→9000円)。AMステレオの機能を生かして、2人の解答を聞き分けられる点がポイント。
カラオケ選手権
毎週、出題された課題曲及び条件で、カラオケで1コーラス分全て歌いきる。回によっては下記のように変速的なものもあった。
倍速カラオケ選手権
2倍速で再生されたカラオケで歌う。2倍速に成功したら4倍速に挑戦出来る。このカラオケコーナーだけはジングルも倍速で再生される。
風邪予防カラオケ選手権
うがいをしながら歌う。
裏声カラオケ選手権
宮川がチャイムを鳴らすたびに地声と裏声を切り替えながら歌う。
ぱぴぷぺぽカラオケ選手権(正式名称不明)
歌詞の文字を全て“ぱぴぷぺぽ”に置き換えて(“ん”はそのまま)歌う。

誰おまテレホンの主な企画[編集]

誰おま被害者ジャンボリー
今週不幸なことがあった人達をラストマンスタンディングで決める。優勝者には1万円を進呈。
始めは、クリスマス特番で行われたクリスマス被害者ジャンボリーとして不幸なことがあったリスナーが番組へ電話し、宮川賢とゲストの女性アイドル(最初のゲストは山田まりや)が不幸と認めたリスナーに商品が贈呈された特別企画だった。好評を受けて、毎週金曜日に行われた。ゲストが上原さくらの時は辛口で審査が厳しかった。
THE 爆発
物を爆発させてしまったエピソードを募集するコーナー。爆発以外に、炎などのテーマも存在。上記の被害者コーナーと方向性が近く、ともに現在の『パカパカ行進曲!!』にコンセプトが引き継がれている。
男とはどうあるべきか?!
デートエッチなどで、男としてベストの行動を2択で決める。
合格通知生開封
合格通知(正確には合否通知)を番組に送り、スタジオの宮川が電話口で本人立ち会いのもとで開封し、受験結果を披露する。なお実際には、合格者の受験番号リストを順に読み上げる形式がほとんどだった。
  • 合格(補欠を含む)の場合 - ベートーヴェンの「歓喜の歌」をバックにともに喜び合う。
  • 不合格の場合 - 励ましを兼ねて、その学校の嫌いな人を電話で募集した(「○○大学が嫌いな人大募集!」というふうに)。
お小遣い賃上げ闘争
安いお小遣いのリスナーを募集し、親に値上げを頼み込む。
ペット早押しクイズ選手権
リスナーとそのペットが参加するクイズで、出題後、最も早く鳴いたペットの飼い主が解答権を得る。この亜種企画で、リスナーとそのペット役をする家族が参加する「偽ペット早押しクイズ選手権」も開催された。こちらは家族がペット代わりに「ガオー」などと叫んで解答権を争うもの。
みんなのゲーム相談室
ソニー・マガジンズHYPERプレイステーション』編集者を招いて、リスナーから届いた解けないゲームの疑問に答える。
すごいよ!マサル刑事(デカ)
ラジオドラマ形式で、犯人が当てたトリックや犯人を当てるクイズ。
宮川とエヴァを語ろう!
当時社会現象を巻き起こしていた『新世紀エヴァンゲリオン』についての激論を宮川と交わそうというものだったが、宮川があまりにお粗末な意見ばかり言うため本人がビギナーであることがバレ、総スカンをくらった。
誰おま闇討ち大作戦
日頃から根に持っている恨みをドッキリで晴らすというもの。反撃に遭うケースが多かった。
誰おま図書館
リスナーで用意されたタイトルで物語を作っていくと言う企画。これに伊集院光が「へきる大好き」等のネームで一般参加(勿論バレバレ)。宮川を自分の番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』の企画「青春の過ちうんこもらスペシャル」に宮川が逃げないように借りを作らせるために出た。
誰おまこれが青春だ!
部活をやめたいリスナーを募集し、「バカヤロー!」と結局やる気を取戻させるというもの、これに参加したボクシング部員はのちに学生チャンピオンに輝いた。
屁企画
第一回と最終回、毎年の元旦には、屁をこきたいヤツを募集した「初屁の出」企画など。
有名人ジャンケン
リスナーの親戚有名人がいる者を募集し、その格を宮川が決める。
八つ当たりバトル
見知らぬリスナー同士が、電話を繋いで八つ当たり・口喧嘩させる。参加者の口が滑って、放送禁止用語を言ってしまう事件があった。
E-CHANCE
当時、後の番組でやっていた「D-CHANCE THE GREAT AUDITION」のパロディ企画で作られたオーディション企画、その結果globeの偽物のようなユニットを作り、デビュー(予定)曲「Ski on the snow」をスキー場で流し、客の失笑を買った。
誰おまワイドショー
その日、その日の話題の人に出てもらい、現在の心境を吐いてもらう。ある程度聞いた所で宮川の誘導尋問で「ウソです」と白状させる。
ゴールデンウィーク 野グソ情報
番組内で放送されていた交通情報のパロディ企画。意外なところにあった野グソの情報を募集し、注意喚起するコーナー。BGMを流用している。

箱番組[編集]

カルビー提供枠[編集]

ネプチューン枠[編集]

  • ネプチューン+1(タイトルの「+1」は宮川も出演していたことに由来)
  • 名倉とネプチューン (以降、宮川は出演せず)
  • 名倉もネプチューン

関連番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ この登録者数が、OPでのタイトルコール時に発表される仕組みとなっていた。まず前日までの総登録者数が発表され、続いて当日の新規登録者数が発表されたあと、「総勢○○人のリスナーに捧げる、『宮川賢の誰なんだお前は?!』」とコールされた。
  2. ^ 口コミの「」はの片仮名の「ロ(ろ)」ではなく、漢字の「口(くち)」である。
TBSラジオ 月〜金曜22:00-23:59
前番組 番組名 次番組
恋する電リクBINGO BONGO
21:00〜23:00(1994.10〜1995.9)
SURF&SNOW
23:00〜23:55(1994.10〜1995.9)
※同時間帯放送期間
宮川賢の誰なんだお前は?!
BATTLE TALK RADIO アクセス
※〜23:30
DB
23:30〜25:00
TBSラジオ 宮川賢メインのレギュラー番組
前番組 番組名 次番組
土曜裏ワイド
宮川賢のラジオはナメるな
宮川賢の誰なんだお前は?!
宮川賢の夜会