宮本三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
妻・文枝とともに(1954年)

宮本 三郎(みやもと さぶろう、1905年5月23日 - 1974年10月13日)は、石川県能美郡末佐美村(現・小松市)生まれの洋画家

略年譜[編集]

油絵の他に雑誌の挿絵、新聞小説の挿絵も多く手がけ、戦時中は「山下、パーシバル両司令官会見図」など戦争画も手がける。国立霞ヶ丘陸上競技場壁画切手の原画などで知られ晩年には木版画の作品も手がけている。

娘・美音子の夫は英文学者の宮本陽吉である。

著書・画集[編集]

  • 『宮本三郎南方従軍画集』陸軍美術協会出版部 1943
  • 『少年の画室』東峰書房 1951
  • 『日本現代画家選 第11 宮本三郎』美術出版社 1954
  • 『デッサンの技法』小磯良平鈴木信太郎共著 美術出版社 1955
  • 『人物の描き方』美術出版社 1959
  • 『画集宮本三郎 花と風景と女』毎日新聞社 1973
  • 『宮本三郎』三彩社 1974
  • 『宮本三郎画集』河北倫明本間正義山田智三郎編集 朝日新聞社 1977
  • 『現代の美人画 7 (宮本三郎)』講談社 1978
  • 『宮本三郎素描集』毎日新聞社 1978
  • 『宮本三郎の世界 花と裸婦と…』毎日新聞社 1978
  • 『20世紀日本の美術 アート・ギャラリー・ジャパン 東郷青児/宮本三郎』田中穣桑原住雄責任編集 集英社 1986
  • 『現代日本素描全集 10 宮本三郎』宝木範義責任編集 ぎょうせい 1992
  • 『宮本三郎の仕事 その眼差しと時代』世田谷美術館 2014
関連書籍
  • 黒岩太一『藤田嗣治・宮本三郎画伯のモデルになった兵隊 軍靴の響き消えて45年の記録』こだま詩社 1989

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1943年4月10日(東京本社発行)朝刊、3頁。