宮本充

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
みやもと みつる
宮本 充
プロフィール
本名 宮本 充[1]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都大田区大森[2]
出身地 日本の旗 日本大阪府堺市[3]
生年月日 (1958-09-08) 1958年9月8日(62歳)
血液型 A型[4]
身長 176 cm[5]
職業 俳優声優
事務所 劇団昴[6]
配偶者 あり
公式サイト 宮本充のきまぐれ週報2(ブログ)
俳優活動
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替え
声優:テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

宮本 充(みやもと みつる、1958年9月8日[5] - )は、日本俳優声優東京都大田区大森生まれ[2]大阪府堺市出身[3]劇団昴所属[6]

来歴[編集]

大阪府立泉陽高等学校北海道大学工学部合成化学科卒業[3]

東京都大田区大森で生まれる[2]。その後すぐに横浜市に転居するも、親の都合で引っ越しが多く、小学校だけで5度、中学校で1度の転校を経験した。

昔から洋画が好きで、小学校の頃から大学ノートに洋画の感想を書いていた。中学後半から高校までの間大阪府に在住。北海道大学時代は恵迪寮に入寮していた。当時は水谷豊主演の『熱中時代』に感動して教師を目指していた[7]。工学部では教員免許は取れず、小学校教員資格認定試験を受けて取得しようとするも不合格[7]。このまま研究者になるか教員を目指すかと悩んでいたころに、寮の仲間から誘われた演劇鑑賞会にて文学座の『ショートアイズ』という芝居を見て感動[3]

卒業後に役者の道を志して文学座の試験に合格したが、一年間所属した後に査定で落とされ、文学座同期生に誘われて劇団昴へ移る[3]。舞台活動の傍ら、同じ劇団の久米明を見て、声優にも憧れていた[8]

声優としては1985年のアメリカ映画『マイ・サイエンス・プロジェクト』におけるバンダイ版の日本語吹き替えでデビュー[3]ディズニー映画ライオン・キング』のシンバ(青年)で主役を演じ、『H2』の橘英雄で初レギュラー。当初はアニメのアフレコのテンポの早さについていけず苦難したが、「『H2』ではゆっくりのペースでよかった」と話している[8]

その後も『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の中川圭一、『THE ビッグオー』のロジャー・スミス、ディズニー映画の複数のシリーズで主役の吹き替えを担当しているなど、声優としてのキャリアを積む。

2018年『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のドグラニオ・ヤーブン役で特撮作品に初出演した[9]

人物・エピソード[編集]

声優デビューを務めた上述の作品では出演者の大半が所属する昴のメンバーで固められていたが、その内の一人で劇団での先輩筋にあたる牛山茂がアフレコ前日の稽古中のアクシデントで頭部に重傷を負ったにも関わらず、応急処置を施した上で収録に臨む姿に感銘を受けたという[10]。同期には伊藤和晃林佳代子武藤与志則などがいる。

吹き替えではイーサン・ホークエイドリアン・ブロディガイ・ピアースマシュー・モディーンルーク・ウィルソンなどを担当。過去にはキアヌ・リーブスブラッド・ピットも数多く担当していた[11]堀内賢雄森川智之平田広明と並んでブラッド・ピットとトム・クルーズ、キアヌ・リーブスとジョニー・デップの両者の吹き替えを経験している数少ない人物である。

関西育ちであるため、訛りで相当なハンディがあったという。アクセント辞典を買って参考にすることを考えたものの、結局は分からない時には周りの共演者に聞いて済ませるようにしたと語っている。[12]

田中敦子のブログにて「少年がそのまま大人になったような人」と紹介された[13]。また、本人曰く「凝り性な性格」で、趣味の面でよく凝ることから、劇団の先輩からよく冗談交じりに「その情熱の十分の一でも芝居にかけたら名優になれる」と言われるという。[14]

多趣味であり、版画野球囲碁麻雀など様々な趣味を持つ。[15]子供の頃はプラモデルをよく作っていたという。[16]

既婚者であり、二児の父。[17]弟は高級珍味・料理材料を取り扱う京都トヨタヤの社長を務めている。[18]

吹き替えを担当したい役として、「自分とはかけ離れた悪役やエキセントリックな役、『ロッキー・ホラー・ショー』のティム・カリーみたいな役をやってみたい」と述べている[19]。『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』で悪のボス役のオファーを受けた際は、とても嬉しかった反面、本当に自分でよいのかという不安もあったと述べている[9]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

1993年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年

劇場アニメ[編集]

1993年
1995年
1999年
2002年
2003年
2004年
2005年
2008年
2009年
2010年
2012年
2014年
2017年
2018年
2019年
2020年

OVA[編集]

1992年
1994年
1996年
2000年
  • 世にも恐ろしい日本昔話(町民A、通行人A、浦島太郎
2001年
2005年
2007年
2017年

ゲーム[編集]

1996年
1997年
1999年
2000年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2008年
2010年
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 勝てば天国!負ければ地獄! 両津流 一攫千金大作戦!(中川圭一)
  • HEAVY RAIN 心の軋むとき(イーサン・マーズ)
2011年
2012年
2014年
2015年
2018年
2019年
2020年

ドラマCD[編集]

ラジオドラマ[編集]

デジタルコミック[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

アンドリュー・マッカーシー
イーキン・チェン
イーサン・ホーク
エイドリアン・ブロディ
エドワード・ノートン
ガイ・ピアース
金城武
キアヌ・リーブス
クリス・オドネル
ジョン・ボン・ジョヴィ
ダーモット・マローニー
チョン・ジュノ
デヴィッド・アークエット
バリー・ペッパー
ヒュー・グラント
ブラッド・ピット
マシュー・モディーン
マット・デイモン
ユアン・マクレガー
ルーク・ウィルソン
レイフ・ファインズ
レオン・ライ
ロバート・ショーン・レナード

映画(吹き替え)[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

ナレーション[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月10日、649頁。ISBN 4-415-00878-X。
  2. ^ a b c 宮本充 (2017年9月11日). “あっという間”. 宮本充のきまぐれ週報2. FC2. 2020年1月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 「吹替の帝王」『スピード』インタビュー集” (2014年1月20日). 2014年11月15日閲覧。
  4. ^ 宮本 充のアニメキャラ・最新情報まとめ”. アニメイトタイムズ. 2020年1月26日閲覧。
  5. ^ a b 宮本充”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年5月15日閲覧。
  6. ^ a b 劇団昴連名”. 劇団昴. 2013年6月13日閲覧。
  7. ^ a b 宮本充 (2010年10月18日). “昔、同じ場所に”. 宮本充のきまぐれ週報. 2017年5月15日閲覧。
  8. ^ a b 山寺宏一「第24回 宮本充」『山寺宏一のだから声優やめられない! 声優・山寺宏一と30人の声の役者たち』主婦の友社、2000年12月1日、244-253頁。ISBN 4-07-229270-2。
  9. ^ a b 公式完全読本 2019, p. 35, 「LUPINRANGER VS PATRANGER REGULAR ACTORS & VOICE ACTORS Q&A レギュラー俳優&声優Q&A」
  10. ^ http://video.foxjapan.com/library/fukikae/interview/interview24/
  11. ^ エイリアン コヴェナント公開連動 エイリアン シリーズ完全解説 | 洋画専門チャンネル ザ・シネマ |
  12. ^ 宮本充のきまぐれ週報2 アクセント辞典”. 2020年9月19日閲覧。
  13. ^ 田中敦子 (2008年1月27日). “JAG IN 強羅!”. 田中敦子のCafe*Central Park. 2014年11月16日閲覧。
  14. ^ いきなり昴チャンネル!01宮本充さんと服部幸子さん”. 2020年9月19日閲覧。
  15. ^ いきなり昴チャンネル!01宮本充さんと服部幸子さん”. 2020年9月19日閲覧。
  16. ^ 宮本充のきまぐれ週報2 ケロくん”. 2020年9月19日閲覧。
  17. ^ “[『ライオン・キング』息子世代新作アニメが日本初放送 https://www.cinematoday.jp/news/N0081305]”. 2020年9月19日閲覧。
  18. ^ “[宮本充のきまぐれ週報2 梅田にて http://miyamotomitsuru.blog.fc2.com/page-7.html]”. 2020年9月19日閲覧。
  19. ^ 『スピード<日本語吹替完全版>コレクターズ・ブルーレイBOX』封入「吹き替えの帝王『スピード』インタビュー集」より。
  20. ^ きこちゃんすまいる”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月19日閲覧。
  21. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所”. メディア芸術データベース. 2017年5月15日閲覧。
  22. ^ 聖書物語”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月8日閲覧。
  23. ^ 陽だまりの樹”. 手塚治虫公式サイト. 2016年6月30日閲覧。
  24. ^ Z.O.E Dolores, i”. メディア芸術データベース. 2017年5月15日閲覧。
  25. ^ piano”. メディア芸術データベース. 2017年5月15日閲覧。
  26. ^ 喰霊―零―”. メディア芸術データベース. 2017年5月15日閲覧。
  27. ^ スタッフ&キャスト”. 宇宙戦艦ヤマト2199. 2012年2月20日閲覧。
  28. ^ 「「暁のヨナ」アニメ最新ニュース!」『花とゆめ』2015年1号、白泉社、2014年12月5日、 10頁。
  29. ^ CHARACTER”. TVアニメ『血界戦線』公式サイト. 2014年12月19日閲覧。
  30. ^ CAST”. TVアニメ「血界戦線 & BEYOND」公式サイト. 2016年12月2日閲覧。
  31. ^ 2015年と2017年の2シリーズ制作。
  32. ^ 「こち亀」新作は1時間SP!竹内順子らジャンプアニメでおなじみの声優勢揃い”. コミックナタリー (2016年8月8日). 2016年9月19日閲覧。
  33. ^ “STORY”. TVアニメ『ジョーカー・ゲーム』公式サイト. http://jokergame.jp/story/story10.html 2016年5月24日閲覧。 
  34. ^ STAFF & CAST”. アニメ「ドリフターズ」公式サイト. 2016年3月26日閲覧。
  35. ^ STAFF&CAST”. アニメ『文豪ストレイドッグス』公式サイト(第1&第2シーズン). 2019年1月1日閲覧。
  36. ^ STAFF&CAST”. アニメ『文豪ストレイドッグス』公式サイト. 2019年1月1日閲覧。
  37. ^ 制作陣”. TVアニメ「僕だけがいない街」公式サイト. 2015年12月3日閲覧。
  38. ^ CAST”. Fate/Apocrypha. 2017年3月26日閲覧。
  39. ^ Staff & Cast”. テレビアニメ『あかねさす少女』公式サイト. 2018年9月10日閲覧。
  40. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE”. メディア芸術データベース. 2017年5月15日閲覧。
  41. ^ キャスト発表会見レポート!”. 映画『聖闘士星矢 LEGEND of SANCTUARY』. 2014年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月4日閲覧。
  42. ^ STAFF&CAST”. 映画「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッド アップル)」公式ホームページ. 2017年11月3日閲覧。
  43. ^ “「ぼくらの7日間戦争」追加キャストに宮本充、関智一、中尾隆聖!新場面写真も”. コミックナタリー (ナターシャ). (2019年10月25日). https://natalie.mu/comic/news/352911 2019年10月25日閲覧。 
  44. ^ パンフレットより
  45. ^ 『「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第三章 純愛篇」劇場パンフレット』バンダイビジュアル、2017年、20頁。
  46. ^ 坂本武郎, 編纂.「続報 テイルズ オブ ゼスティリア」『週刊ファミ通』2015年1月1・8・15日合併号、KADOKAWA、2014年12月18日、 85頁。
  47. ^ CHARACTER”. 【公式】ディズニー ツイステッドワンダーランド(ツイステ). アニプレックス. 2019年5月12日閲覧。
  48. ^ 登場人物”. オランピアソワレ. オトメイト. 2019年11月28日閲覧。
  49. ^ ゴールデン・ジョブ”. 株式会社twin. 2020年4月2日閲覧。
  50. ^ “マグニフィセント・セブン”. ふきカエル大作戦!!. (2017年5月24日). http://www.fukikaeru.com/?p=6816 2017年5月29日閲覧。 
  51. ^ ブラッドショット”. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2020年6月5日閲覧。
  52. ^ “「エイリアン コヴェナント」声優に坂本真綾、宮本充、置鮎龍太郎、田中敦子!”. 映画.com. (2017年8月31日). http://eiga.com/news/20170831/18/ 2017年9月1日閲覧。 
  53. ^ エネミー・ライン”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  54. ^ 名もなき生涯”. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2020年6月5日閲覧。
  55. ^ ボーン・スプレマシー”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  56. ^ ルパンレンジャーVSパトレンジャーの2018年1月24日のツイート2018年1月25日閲覧。
  57. ^ Fate/Grand Order×リアル脱出ゲーム「謎特異点Ⅱ ピラミッドからの脱出」”. リアル脱出ゲーム. SCRAP. 2020年3月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー公式完全読本 LUPINRANGER VS PATRANGER VS ULTIMATE COLLECTION』ホビージャパン〈ホビージャパンMOOK 937〉、2019年6月24日。ISBN 978-4-7986-1953-8。