宮本洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

宮本 洋一(みやもと よういち、1947年5月16日 - )は、日本実業家。2007年6月より清水建設代表取締役社長を務めている。日本国際フォーラム顧問東京都出身[1]

略歴[編集]

1947年5月16日、静岡県沼津市で生まれた。4歳の時に東京都杉並区に引っ越した。このころは泣き虫であったという。小学校5年の時に岐阜県に転校、スパルタ方式の小学校担任の指導で強くなった[2]。1971年6月、東京大学工学部建築学科内田祥哉研究室に在籍[3])を卒業し、同年7月清水建設へ入社した。横浜営業所に配属された彼は、現場からたたき上げの所長の下で毎日のように残業、休日出勤を行った[4]

清水建設建築本部長[5]、耐震営業推進室長、名古屋支店副支店長、首都圏事業本部東京支店副支店長、北陸支店長、九州支店長、常務執行役員、専務執行役員を歴任し、2007年6月、同社取締役社長に就任した[1]

2008年、ものづくり推進室を設置した[6]

2012年、ミャンマーヤンゴン事務所を13年ぶりに再開している[7]

2013年2月22日、日本建設業連合会の理事会で、同年4月より土木本部長に就任することが内定した[8]

備考[編集]

  • 建設業を選んだのは、衣食住に関する仕事はなくならず、仕事にあぶれることはないと思ったからである。
  • 白石達(大林組社長)、初見学(東京理科大学教授)は東大の同期にあたる[3][9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宮本洋一”. 企業家人物辞典. 2013年5月12日閲覧。
  2. ^ 「泣き虫」だった少年時代”. 出版文化社. 2013年5月12日閲覧。
  3. ^ a b 【経済インサイド】大林・鹿島・大成・清水「スーパーゼネコン社長交代ドミノ」幕開け…3社長が東大建築の“同窓”、濃密人脈で微妙な緊張関係”. 産経ニュース (2015年3月12日). 2015年12月24日閲覧。
  4. ^ 「スパルタ上司に鍛えられた新人時代”. 出版文化社. 2013年5月12日閲覧。
  5. ^ 今、若者たちへ (PDF)”. 日本経済新聞社. 2013年5月12日閲覧。
  6. ^ 2008年6月のニュース”. 日刊建設工業新聞 (2008年6月23日). 2013年5月12日閲覧。
  7. ^ 【清水建、ミャンマーに再進出-13年ぶりヤンゴン事務所を再開”. 日刊工業新聞 (2012年9月13日). 2013年5月12日閲覧。
  8. ^ 新会長に中村副会長/土木本部長は宮本清水社長/日建連の新執行体制”. 建設通信新聞 (2013年2月25日). 2013年5月12日閲覧。
  9. ^ 【建築人】お節介かもしれませんが、建築人を紹介するコラムを始めます”. 未来計画新聞 (2009年6月20日). 2013年5月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • 野崎稚恵ほか『清水建設』(リーディング・カンパニー・シリーズ)出版文化社新書 2008 - 宮本のインタビューが掲載されている。


先代:
野村哲也
清水建設社長
2007年 - 2016年
次代:
井上和幸
先代:
庄山悦彦
ものつくり大学会長
2013年 - 2019年
次代:
市橋保彦