宮本理江子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みやもと りえこ
宮本 理江子
別名義 石坂 理江子(旧姓)
活動内容 プロデューサー・
ドラマディレクター映画監督
著名な家族 山田太一(父)
石坂拓郎(弟)
事務所 フジテレビジョン
主な作品
テレビドラマ
101回目のプロポーズ
素顔のままで
まだ恋は始まらない
こんな私に誰がした
ビーチボーイズ
きらきらひかる
風のガーデン
最後から二番目の恋

映画
チェケラッチョ!!

宮本 理江子(みやもと りえこ、旧姓・石坂)は、フジテレビジョン編成制作局ドラマ制作センターゼネラルプロデューサー。ドラマディレクター映画監督


来歴[編集]

父は脚本家山田太一。1986年に国際基督教大学を卒業後、フジテレビに入社し、一貫してドラマ制作に携わっている。1991年のヒットドラマ、『101回目のプロポーズ』第6話で、武田鉄矢演じる主人公がトラックの前に飛び込んで「僕は死にません!」と叫んだシーンを演出した監督としても知られる。

2006年、『チェケラッチョ!!』で映画監督デビュー。

2008年の連続ドラマ『風のガーデン』では、全11話を一人で演出した。通常2、3名のディレクターが分担するテレビドラマの世界では異例である。同作品の演出により、第63回(平成21年度)文化庁芸術祭放送個人賞を受賞。2008年度の放送ウーマン賞も受賞する[1]

編成制作局ドラマ制作センター演出担当部長を経て、2012年6月28日付で現職。

2013年、『最後から二番目の恋』の演出により芸術選奨新人賞を受賞[2]。「人と人との間にある空気の微(かす)かな揺らぎを映像化できる特性を熟知し、人間関係の危うさを見事に表現する演出家」と評される[2]。父山田太一も1974年に『それぞれの秋』で同賞を受賞しており、親子二代での受賞者となった。

主な演出・監督作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

主なプロデュース作品[編集]

テレビドラマ[編集]

受賞歴[編集]

1995年

1996年

脚注[編集]

  1. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  2. ^ a b 平成24年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由”. 文化庁 (2012年). 2013年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月13日閲覧。