宮本秀明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮本 秀明
横浜DeNAベイスターズ #00
20180325 Shumei Miyamoto, infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.jpg
2018年3月25日 横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県八代市
生年月日 (1996-07-24) 1996年7月24日(22歳)
身長
体重
178 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2017年 ドラフト7位
初出場 2018年3月30日
年俸 850万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

宮本 秀明(みやもと しゅうめい、1996年7月24日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する熊本県八代市出身のプロ野球選手内野手外野手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学生時代から軟式野球を始めると、中学生時代には、シニアリーグの熊本南シニアに所属した。

秀岳館高等学校への進学後は、2年時に遊撃手のレギュラーへ定着。松尾大河が入学した3年時に三塁手へ転向すると、対外試合で松尾と三遊間を組んだこともある。しかし、在学中は春夏とも、阪神甲子園球場の全国大会に出場できなかった。

高校卒業後にパナソニックへ入社すると、1年目から内野手として公式戦、2年目に社会人野球日本選手権大会へ出場。3年目から外野手に転向した。

2017年のNPBドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから内野手として7巡目で指名。契約金3,000万円、年俸750万円(金額は推定)という条件で入団する[2]とともに、前年に秀岳館高校から直接入団した松尾(2018年からの登録名大河)と、再びチームメイトになった。背番号00

プロ入り後[編集]

2018年には、公式戦の開幕を一軍でスタート。3月30日には、東京ヤクルトスワローズとの開幕戦9回裏に、代打で公式戦デビューを果たした。その後も、代走や守備要員として起用。4月24日からの対広島東洋カープ3連戦(いずれも横浜スタジアム)では、25日の第2戦に一軍公式戦初安打を代打本塁打で放つと、26日の第3戦では「2番・二塁手」としてのスタメン起用で2試合連続本塁打を記録した[3]。5月下旬以降は一軍から遠ざかったため、一軍公式戦全体では、21試合の出場で打率.160、2本塁打、2打点、4盗塁という成績にとどまった。その一方で、イースタン・リーグ公式戦では、54試合の出場で打率.290、3本塁打、14打点、8盗塁をマーク。12試合へ出場した9月には、(複数安打5試合を含む)10試合で安打を放ったほか、リーグ2位の打率.370で月間MVPを受賞した[4]。内野手登録でありながら、同リーグの公式戦33試合で外野を守った[5]ため、シーズン終了後の秋季キャンプでは首脳陣から外野手へのコンバートを通告された[6]

2019年には、登録ポジションを正式に外野手へ変更。春季キャンプでは、前年に続いて、一軍でスタートを切った。

選手としての特徴・人物[編集]

50メートル6秒の俊足、遠投100メートルの肩を備える[7]

DeNA1年目の2018年5月4日に二塁手として出場した対読売ジャイアンツ(巨人)戦(横浜)では、0 - 0のスコアで迎えた4回表2死1・2塁の守備で、岡本和真が一塁方向へ放った打球を追走中に突然転倒。しかし、すぐに立ち上がると、グラブの先端部で打球を捕る珍プレーで事なきを得た[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2018 DeNA 21 25 25 6 4 0 0 2 10 2 4 1 0 0 0 0 0 8 1 .160 .160 .400 .560
NPB:1年 21 25 25 6 4 0 0 2 10 2 4 1 0 0 0 0 0 8 1 .160 .160 .400 .560
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁












2018 DeNA 10 9 14 1 2 .958
通算:1年 10 9 14 1 2 .958
  • 2018年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 00(2018年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年11月11日閲覧。
  2. ^ DeNAが7位宮本と合意「目標にされる選手に」”. 日刊スポーツ (2017年11月17日). 2018年6月24日閲覧。
  3. ^ 【DeNA】ドラフト7位宮本が初スタメンで2戦連発”. スポーツ報知 (2018年4月26日). 2019年1月9日閲覧。
  4. ^ DeNA宮本、広島桑原がファーム月間MVP”. 日刊スポーツ (2018年10月4日). 2019年1月9日閲覧。
  5. ^ 2018年度 横浜DeNAベイスターズ 個人守備成績(イースタン・リーグ)NPB日本野球機構
  6. ^ DeNA宮本が外野手転向へ「一本でいきます」 昨秋キャンプで通達”. スポーツニッポン (2019年1月9日). 2019年1月9日閲覧。
  7. ^ プロ野球ドラフト 枚方・パナソニック野球部・宮本選手がベイスターズから7位指名枚方経済新聞 2017年10月30日掲載
  8. ^ DeNA宮本珍プレー、打球追い転倒もなんとか捕球日刊スポーツ 2018年5月4日掲載

関連項目[編集]