宮沢明子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宮沢 明子(みやざわ めいこ、1941年5月10日 - 2019年4月23日)は、日本ピアニスト刑法学者・被害者学の研究者の宮澤浩一の実妹。

生涯[編集]

神奈川県逗子市生まれ。小学生時代より井口愛子に師事。1955年(中学3年)全日本学生音楽コンクール中学校の部第1位および文部大臣賞受賞。桐朋学園大学エール大学ジュリアード音楽院にて学ぶ。1963年ジュネーヴ国際音楽コンクールで1位なしの2位受賞。1964年ヴィオッティ国際音楽コンクールピアノ部門金賞第1席受賞。

1978年10月から半年間、NHK教育テレビの番組「ピアノのおけいこ」に指導者として出演し、当時人気を呼んだ。

オーディオ評論家の菅野沖彦と出会い、1970年代には彼の監修で、多数のLP録音をオーディオラボ・レーベルに残した(これらはCD時代になっても数回復刻されている)。同時期、音楽評論家の宇野功芳によってもしばしば紹介されている。

1990年代にはコルグデジタルピアノを愛奏し、これを用いての演奏会・CD録音も行った。 晩年はベルギーに在住していた。

2019年4月23日に脳梗塞のため死去。77歳没[1]

人物[編集]

脚注[編集]