宮津エネルギー研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Crystal energy.svg 宮津エネルギー研究所
種類 火力発電所
電気事業者 関西電力
所在地 日本の旗 日本
京都府宮津市小田宿野1001
北緯35度33分27.2秒 東経135度15分21.4秒 / 北緯35.557556度 東経135.255944度 / 35.557556; 135.255944座標: 北緯35度33分27.2秒 東経135度15分21.4秒 / 北緯35.557556度 東経135.255944度 / 35.557556; 135.255944
1号機
発電方式 汽力発電
出力 37.5万 kW
燃料 重油原油
営業運転開始日 1989年8月
2号機
発電方式 汽力発電
出力 37.5万 kW
燃料 重油、原油
営業運転開始日 1989年12月
テンプレートを表示
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:発電所の画像提供をお願いします。2021年4月

宮津エネルギー研究所(みやづエネルギーけんきゅうじょ)は、京都府宮津市小田宿野1001にある関西電力石油火力発電所

歴史[編集]

1989年(平成元年)8月に1号機が運転を開始した。2号機までが建設された。

特徴[編集]

敷地内にある研究設備にて省エネルギー研究や温排水利用研究が行われており、2011年(平成23年)時点では温水を利用した水産関係の研究を行っている。また、敷地内にPR館「丹後魚っ知館」がある。

石油火力発電所であるため、原油価格高騰の影響を受けやすい。不況による電力需要の伸び悩み、設備の老朽化などにより、1・2号機は長期計画停止されており、稼動率は0%である。

発電設備[編集]

  • 総出力:75万kW[1]
1号機(2001年4月1日より長期計画停止中)[2]
定格出力:37.5万kW
使用燃料:重油原油
営業運転開始:1989年(平成元年)8月
2号機(2004年4月1日より長期計画停止中)
定格出力:37.5万kW
使用燃料:重油、原油
営業運転開始:1989年(平成元年)12月

脚注[編集]

関連項目[編集]