宮瀬富之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮瀬 富之
(みやせ とみゆき)
生誕 宮瀬 富夫[1][2]
(1941-10-04) 1941年10月4日(76歳)[1]
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 彫塑
代表作 「源氏物語絵巻に想う」(2009年)日本芸術院賞[3][4]
受賞 #来歴参照
活動期間 昭和後期 - 平成時代[1]
この人に影響を
与えた芸術家
松田尚之[1]

宮瀬 富之(みやせ とみゆき、1941年昭和16年)10月4日[1] - )は、日本彫刻家[1]。本名は宮瀬富夫[1][2]

来歴[編集]

1942年昭和16年)10月4日に生まれる[1]松田尚之に師事した[1]

1967年(昭和42年)「ポーズする女」が日展に入選[1]、その後1972年(昭和47年)「水たまり」が日展日彫賞[1]、翌1973年(昭和48年)「風のよそおい」が日展特選を受賞[1]

1984年(昭和59年)に大阪成蹊短期大学の教授に就任、のち同短大の大学長になる[1]

1999年(平成11年)には金沢美術工芸大学の教授も兼任した[1]

2005年(平成17年)の第37回日展に出品した「はんなりと石庭に」は内閣総理大臣賞を受賞した[1][5]

2009年(平成20年)、第40回改組日展に出品した「源氏物語絵巻に想う」が日本芸術院賞を受賞[1][3][4]

2013年(平成25年)5月23日現在、日展理事[6]

2014年(平成26年)には東京都葛飾区柴又にある山田洋次ミュージアムで来場者400万人達成式典に合わせて設置された山田洋次の胸像を作成した[7][8]

主な制作物[編集]

作品名製作年備考出典
「全国女子駅伝 皇后盃」1989年(平成元年)西京極総合運動公園正面玄関前[9][10]
「青春の軌跡」1989年(平成元年)西京極総合運動公園野球場北側[9]
「麦藁帽子と少女」1993年(平成5年)京都府立植物園中庭[11]
「源氏物語絵巻に想う」2009年(平成20年)平成20年度(第65回)日本芸術院賞 / 日本芸術院蔵[1][3]
「山田洋次」胸像2014年(平成26年)山田洋次ミュージアム入り口[7][8]
「巨大な輝き」不明琵琶湖疎水記念館前

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q デジタル版 日本人名大辞典+Plus. “宮瀬富之 みやせ とみゆき”. コトバンク. 2017年6月23日閲覧。
  2. ^ a b 第88回通常総会報告”. 公益社団法人日本彫刻会. 2017年6月23日閲覧。
  3. ^ a b c 作品詳細”. 日本芸術院. 2017年6月23日閲覧。
  4. ^ a b “芸術院賞に井上ひさしさんら9氏”. 朝日新聞. (2009年3月20日). http://www.asahi.com/showbiz/stage/koten/TKY200903200186.html 
  5. ^ 大臣賞受賞者一覧(昭和33年~現在)”. 日展. 2017年6月23日閲覧。
  6. ^ 会員名簿”. 日展 (2013年5月23日). 2013年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年6月23日閲覧。
  7. ^ a b “山田洋次監督、胸像に「気恥ずかしい」 ミュージアムで除幕式”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2014年11月9日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/11/09/kiji/K20141109009249810.html 
  8. ^ a b “山田洋次監督、テレテレ胸像除幕式「普通死んだ後にできるもの」”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2014年11月9日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141109/oth14110904030008-n1.html 
  9. ^ a b 西京極散策”. 京都新聞社 (2004年3月1日). 2017年6月23日閲覧。
  10. ^ 47NEWS. (2013年8月26日). http://www.47news.jp/photo/697325.php+2017年6月23日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ 京都府立植物園 (2004年9月17日). “芸術の秋 到来!”. 京都府. 2017年6月23日閲覧。