宮脇千博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宮脇 千博
Chihiro MIYAWAKI
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 宮脇 千博
ラテン文字 Chihiro Miyawaki
国籍 日本の旗 日本
種目 長距離走マラソン
所属 トヨタ自動車
生年月日 (1991-08-28) 1991年8月28日(27歳)
生誕地 長野県駒ヶ根市
身長 176cm
体重 57kg
自己ベスト 3000m : 7分59秒23(2011年)
5000m : 13分35秒74(2011年)
10000m : 27分41秒57(2011年)
ハーフマラソン : 1時間00分53秒(2012年)
30km : 1時間29分51秒(2013年)
マラソン : 2時間08分45秒(2018年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

宮脇 千博(みやわき ちひろ、1991年8月28日 - )は日本陸上競技選手、専門は長距離走マラソン長野県駒ヶ根市出身。中京学院大学附属中京高等学校卒業。トヨタ自動車所属。序盤から積極的に先行するレーススタイルを持つ。トヨタ自動車入社後に実績を重ね、2011年11月に10000m日本歴代6位(当時)となる27分41秒57、2012年3月にハーフマラソン日本歴代3位(当時)となる1時間00分53秒を記録した[1]

経歴[編集]

  • 中学時代から陸上を始めた。 駒ヶ根市立東中学校時代は目立った実績を残していないが、県外の名門私立中京高校岐阜県)に入学し、インターハイや全国高校駅伝に出場。卒業後は大学には進学せず、トヨタ自動車に入社。1年目から主力として活躍し、2011年全日本実業団対抗駅伝競走大会では1区を走り4位と、チームの初優勝に貢献。同年11月に10000m日本歴代6位となる27分41秒57を記録。翌2012年の全日本実業団駅伝では3区で区間新の快走を見せ、区間賞を獲得。同年3月には全日本実業団ハーフマラソンにて日本歴代3位となる1時間00分53秒を記録し、大会新(当時)で優勝を飾った。
  • 2013年の全日本実業団駅伝では2年ぶりの1区を走り区間賞獲得。翌2014年の全日本実業団駅伝ではエース区間の4区を走り区間賞を獲得した[2]。これで全日本実業団駅伝3年連続3度目の区間賞獲得となった。
  • 2013年2月の東京マラソン2013で初マラソンに挑戦、2時間11分50秒のタイムで15位だった。
  • 2015年の全日本実業団駅伝では区間記録保持者として3区を走ったが区間3位となり、同駅伝4年連続の区間賞こそ逃したものの、続く4区を走った同い年のルーキー窪田忍とともにトヨタ自動車の4年ぶり2度目の優勝に尽力した。なお、宮脇はトヨタ自動車入社以来5年連続5回全日本実業団駅伝に出走した[3]。翌2016年の全日本実業団駅伝では初めて5区に登場し、先頭と17秒あった差を詰め首位で6区にタスキをつないだ。トヨタ自動車は6区、7区も先頭を守り二連覇を達成した。
  • 2016年現在、宮脇はトヨタ自動車入社以来6年連続6回全日本実業団駅伝に出走した。それらすべての大会で自身の区間賞またはチームの総合優勝を経験したが、その両方を達成した大会は1度もないと、語っている[4]
  • 2017年3月5日開催のびわ湖毎日マラソンへ、3年ぶり2回目のフルマラソン出走となったが、2時間16分51秒の総合25位に終わった[5]
  • 2018年2月25日開催の東京マラソン2018に出場。5km辺りでハイペースで突っ走る先頭集団に加わらず自重、後方の集団で待機。それ以降も5km毎15分台前半~後半と一定したペースを保持して終盤順位をげていく。結果男子マラソン日本記録を更新した設楽悠太Honda)からは2分以上離されたが、自身初のサブテン(2時間10分未満)を達成する2時間8分台でゴールイン。総合8位・日本人4着に入り、マラソングランドチャンピオンシップ2020年東京オリンピック男子マラソン選考会)出場権を獲得した[6][7]

マラソン記録[編集]

5km 10km 15km 20km ハーフ 25km 30km 35km 40km ゴール
タイム 14:52 29:52 45:01 1:00:14 1:03:035 1:15:15 1:30:35 1:46:17 2:01:555 2:08:45
スプリット 14:52 14:59 15:10 15:13 15:01 15:20 15:42 15:38 06:50

自己記録[編集]

種目 記録 大会 備考
5000m 13分35秒74 2011年5月28日 ゴールデンゲームズinのべおか
10000m 27分41秒57 2011年11月26日 八王子ロングディスタンス 日本歴代6位(当時)
ハーフマラソン 1時間00分53秒 2012年3月18日 全日本実業団ハーフマラソン 日本歴代3位(当時)
30km 1時間29分51秒 2013年2月17日 熊日30キロロードレース
マラソン 2時間08分45秒 2018年2月25日 東京マラソン MGC出場権獲得

駅伝戦績[編集]

実業団駅伝戦績
年度 大会 所属 区間 区間順位 記録 総合順位
2010年度
(入社1年目)
第50回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 トヨタ自動車 1区
区間賞
31分26秒 トヨタ自動車優勝
第55回全日本実業団対抗駅伝競走大会 1区
区間4位
36分04秒 トヨタ自動車優勝
2011年度
(入社2年目)
第51回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 7区
区間賞*
29分18秒 トヨタ自動車A優勝
第56回全日本実業団対抗駅伝競走大会 3区
区間賞*
37分52秒 トヨタ自動車4位
2012年度
(入社3年目)
第52回中部・北陸対抗駅伝競走大会
出走なし
トヨタ自動車2位
第57回全日本実業団対抗駅伝競走大会 1区
区間賞
34分48秒 トヨタ自動車8位
2013年度
(入社4年目)
第53回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 3区
区間賞
29分00秒 トヨタ自動車A2位
第58回全日本実業団対抗駅伝競走大会 4区
区間賞
1時間03分35秒 トヨタ自動車7位
2014年度
(入社5年目)
第54回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 5区
OP(区間2位相当)
37分39秒 トヨタ自動車Bオープン
第59回全日本実業団対抗駅伝競走大会 3区
区間3位
38分41秒 トヨタ自動車優勝
2015年度
(入社6年目)
第55回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 3区
OP(区間2位相当)
33分43秒 トヨタ自動車Bオープン
第60回全日本実業団対抗駅伝競走大会 5区
区間3位
47分29秒 トヨタ自動車優勝
2016年度
(入社7年目)
第56回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 6区
区間賞
26分50秒 トヨタ自動車A優勝*
第61回全日本実業団対抗駅伝競走大会 7区
区間5位
46分31秒 トヨタ自動車2位
2017年度
(入社8年目)
第57回中部・北陸実業団対抗駅伝競走大会 3区
区間賞*
32分55秒 トヨタ自動車A優勝*
第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会 4区
区間4位
1時間05分40秒 トヨタ自動車3位
*は区間順位の場合は区間新記録.総合順位の場合は大会新記録

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ トヨタ自動車陸上長距離部公式ブログ
  2. ^ “トヨタ自動車 7位も 22歳宮脇キラリ、激戦4区区間賞”. スポニチ. (2014年1月3日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/01/03/kiji/K20140103007310730.html 2014年3月2日閲覧。 
  3. ^ 『サンデー毎日増刊 ニューイヤー駅伝2016inぐんま 公式ガイドブック』毎日新聞社、2015年、P118-128大会全記録より
  4. ^ [1]コラム 第1回 3連勝を目指すトヨタ自動車 大きいキャプテン大石の存在感。超大物ルーキーも加入し、選手層の厚さは今回も変わらず|『ニューイヤー駅伝2017』|TBSテレビ
  5. ^ 第72回びわ湖毎日マラソン大会記録 11位~
  6. ^ スポーツナビ陸上:東京マラソン2018 2018年2月25日 9時10分スタート
  7. ^ 設楽、井上に続いた木滑、宮脇、山本、佐藤GC切符 日刊スポーツ 2018年2月26日記事

関連人物[編集]