宮路洋一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

宮路洋一(みやじ よういち)は、日本の男性ゲームプロデューサー

ゲームアーツ代表取締役社長。代表作である『LUNAR』シリーズや『グランディア』シリーズ、竹本泉原作のインタラクティブコミック作品(『ゆみみみっくす』、『だいなあいらん』)などをプロデュース。ゲームアーツ作品以外でも、『機動戦士ガンダム ギレンの野望』『ガンダムネットワークオペレーション』『まいにちいっしょ』などの企画、プロデュースも手掛ける。弟は宮路武

来歴[編集]

18歳でアスキーで活動を始める。

21歳でゲームアーツを弟の宮路武などアスキーの仲間達と立ち上げる[1]。以降20年間ゲームアーツの代表取締役社長として活躍。『LUNAR』や『グランディア』などのプロデュースを行う。

作品[編集]

国内[編集]

海外[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]