宮野悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮野 悟
生誕 (1954-12-05) 1954年12月5日(63歳)
日本の旗 日本
研究分野 遺伝学情報科学
研究機関 東京大学医科学研究所
ヒトゲノム解析センター
出身校 九州大学
プロジェクト:人物伝

宮野 悟(みやの さとる、1954年12月5日 - )は、日本遺伝学者[1]情報科学者。専門は、システム生物学バイオインフォマティクス。遺伝子ネットワーク探索研究の先駆者、がんゲノム研究の第一人者[2]として知られる。

1977年九州大学理学部数学科卒、1979年同大学大学院理学研究科修士課程数学専攻修了、1979年同大学理学部助手、1985年同大博士号(理学)取得、Ph.D。「Hierarchy theorems in automata theory(オートマトン理論における階層定理)」[3]

1987年九州大学理学部附属基礎情報研究施設助教授、1993年同研究施設教授を経て[1]、1996年より東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター教授、東京大学大学院情報理工学系研究科教授。

2000年から2005年にかけて(2003年3月からの1年を除く)、東京大学医科学研究所 副所長。

2013年7月、日本人として初めて ISCB Fellow に選出[4]

2015年6月から、神奈川県立がんセンター総長を兼務(医師免許を持たない初の総長)[2]。がん免疫療法の推進や遺伝子研究の強化に取り組んだが、2018年2月に辞任した[2]。センターの放射線治療医の退職問題をめぐる混乱が背景にあるとされる[2]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]