家なき子 (1974年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
家なき子
ジャンル テレビドラマ
脚本 田代淳二
監督 湯浅憲明
ほか
出演者 坂口良子
桜木エミ
小山田宗徳
ほか
オープニング 「幸せさがし」
製作
プロデューサー 白石吉之助
下川隆輝
制作 松竹
TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1974年9月3日 - 1975年3月25日
放送時間 火曜 19:00 - 19:30
放送枠 TBS火曜7時枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 28

家なき子』(いえなきこ)は、1974年9月3日から1975年3月25日までTBS系列局で放送されていたテレビドラマである。松竹TBSの共同製作。全28話。放送時間は毎週火曜 19:00 - 19:30 (日本標準時[1]

概要[編集]

長らくこの時間帯で放送されていた大映テレビ製作・岡崎友紀主演ライトコメディシリーズ(水曜19:30枠で放送されていた第3作『ママはライバル』を除く)に替わってスタートした作品。坂口良子が主役を務めていた。

1994年1995年日本テレビ土曜グランド劇場で制作・放送された安達祐実主演の同名ドラマとは直接的な関係はない。また、本作に出演していた堀江美都子は、後にエクトル・マロの小説をアニメ化した『家なき子レミ』にて主演声優を務めた。

ストーリー[編集]

秋津陽子は、レストランでアルバイトをしながら歌手を目指している17歳の少女。同じアパートに祖父とともに住む5歳の少女・木原薫とは親友同士である。

薫の祖父が急死した際に、彼女が実は山で拾われた子であることが分かり、陽子は薫の実の母を探す旅に出る。だがその様子を窺う2人がいた。実は薫にはある秘密があった…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:田代淳二
  • 監督:湯浅憲明 ほか
  • 助監督:仲倉重郎、中新井和夫
  • 撮影技術:佐藤洋三
  • 美術:出川三男
  • 音楽:渡辺岳夫
  • プロデューサー:白石吉之助(松竹)、下川隆輝(TBS)
  • 制作:松竹、TBS

音楽[編集]

主題歌「幸せさがし」
作詞:岩谷時子 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:松山祐士 / 歌:坂口良子
挿入歌「ふたりだけの子守唄」
作詞:岩谷時子 / 作曲:渡辺岳夫 / 編曲:松山祐士 / 歌:坂口良子

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル ゲスト
1974年
1 9月3日 ママは生きていた
2 9月10日 恐ろしいたくらみ
3 9月17日 悲しいあらそい
4 9月24日 宿なしの二人
5 10月1日 さよならしようよ
6 10月8日 おじいちゃんはどこにいる
7 10月15日 東京へ帰ろう
8 10月22日 小さな冒険旅行
9 10月29日 ママをさがそう!
10 11月5日 盗まれたロロ 中原美樹
11 11月12日 おじいちゃんは生きていた
12 11月26日 母を呼ぶケープ サンダー杉山
13 12月3日 死のブーメラン
14 12月10日 名のりでた母
15 12月17日 悲しい旅だち ケーシー高峰
16 12月24日 吸血鬼現わる
1975年
17 1月7日 歌手なんてごめんだ
18 1月14日 涙のカセットテープ
19 1月21日 お姉ちゃんが死んじゃった
20 1月28日 お母さんはこの人だった
21 2月4日 スターの道は遠くない
22 2月11日 車イスの暴走 森田健作
23 2月18日 宇宙人がやって来た! 純アリス
24 2月25日 危機一髪!!愛のUFO
25 3月4日 私を売り出してください!
26 3月11日 炎の脱出
27 3月18日 ママが見つかった
28 3月25日 新しい出発

脚注・出典[編集]

  1. ^ 家なき子 - テレビドラマデータベース

参考資料[編集]

TBS系列 火曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ニセモノご両親
(1974年4月2日 - 1974年8月27日)
家なき子
(1974年9月3日 - 1975年3月25日)
幸福ゆき
(1975年4月8日 - 1975年9月23日)