家城巳代治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

家城 巳代治(いえき みよじ、1911年9月10日1976年2月22日)は、日本映画監督脚本家東京都出身。

東京府立三中、弘前高等学校を経て、東京帝国大学文学部を卒業後、1940年松竹大船へ入社する。『激流』(1944年)以降、『雲ながるる果てに』『ともしび』『異母兄弟』などの名作映画を残した。1950年に松竹を退社。その後独立プロダクションを支え、社会派の映画監督として活躍する一方、草創期のテレビドラマ演出家としても活躍した。

癌のため早世。妻の家城久子(いえき・ひさこ名義もある)は、女優、脚本家、作家。 

監督作品[編集]

監督した映画「悲しき口笛」(松竹、1949年)ポスター

映画[編集]

  • 激流(1944年)
  • 若き日の血は燃えて(1947年)
  • 悲しき口笛(1949年)
  • 花のおもかげ(1950年)
  • 雲ながるる果てに(1953年)
  • ともしび(1954年)
  • 姉妹(1955年)
  • 胸より胸に(1955年)
  • こぶしの花の咲くころ(1956年)
  • 異母兄弟(1957年)
  • 裸の太陽(1958年)
  • 素晴らしき娘たち(1959年)
  • 弾丸大将(1960年)
  • 秘密(1960年)
  • 街(1961年)
  • 若者たちの昼と夜(1962年)
  • みんなわが子(1963年)
  • 路傍の石(1963年)
  • 逃亡(1965年)
  • ひとりっ子(1969年)
  • 恋は緑の風の中(1974年)

テレビ[編集]

受賞[編集]

映画賞[編集]

参考文献[編集]