家族熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
家族熱
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1978年7月7日 - 10月6日(14回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSテレビ
演出 服部晴治
福田新一
脚本 向田邦子
プロデューサー 大山勝美
鈴木淳生
出演者 浅丘ルリ子
三國連太郎
加藤治子
三浦友和
吉行和子
伊藤孝雄
風吹ジュン
田島真吾
志村喬
宝生あやこ
藤木敬士
中原京美
テンプレートを表示

家族熱』(かぞくねつ)は、TBSテレビ金曜ドラマ」で1978年7月7日から10月6日まで放送された日本テレビドラマ。連続14話。脚本は向田邦子

2018年に合津直枝の企画・台本・演出による2人芝居として舞台化される。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 サブタイトル 演出
第1話 07月07日 二人の妻 服部晴治
第2話 07月14日 母の条件
第3話 07月21日 夫婦のあやまち 福田新一
第4話 07月28日 愛情試験
第5話 08月04日 離婚届の値段 服部晴治
第6話 08月11日 母と息子の関係
第7話 08月18日 二つの未練 福田新一
第8話 08月25日 かたき同志
第9話 09月01日 女と妻の一夜 服部晴治
第10話 09月08日 男のうしろ姿
第11話 09月15日 夕暮れは妻の時間 福田新一
第12話 09月22日 たった一つの妻の座
第13話 09月29日 二人の母の対決 服部晴治
最終話 10月06日 新しき旅立ち

関連商品[編集]

シナリオ
  • 向田邦子TV作品集4 家族熱(1982年7月、大和書房
  • 家族熱(1986年1月、新潮文庫、ISBN 978-4-10-129407-0)
  • 向田邦子シナリオ集22「家族熱」(2013年1月24日、TVガイド文庫
ノベライズ

舞台[編集]

合津直枝の企画・台本・演出により2人芝居として舞台化され、2018年5月から6月にかけて東京芸術劇場シアターウエストほかにて上演。

テレビドラマの3年後を舞台に、歳の近い義母と息子との間の激しく揺れる心情を描く[1]

キャスト(舞台)[編集]

スタッフ(舞台)[編集]

  • 原作 - 向田邦子
  • 企画・台本・演出 - 合津直枝
  • 美術 - 青木拓也
  • 照明 - 倉本泰史
  • 音響 - 清水麻理子
  • 衣裳 - 宮本茉莉
  • ヘアメイク - 貴島貴也
  • 舞台監督 - 井関景太
  • 宣伝美術 - 宮井勇気
  • 宣伝写真 - 関信行
  • 宣伝ヘアメイク - 須藤裕美
  • 制作 - 半田桃子、野田麻衣
  • プロデューサー - 渡辺誠
  • 企画製作 - テレビマンユニオン

公演日程[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]