家田佳子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いえだ よしこ
家田 佳子
生年月日 (1941-07-12) 1941年7月12日(76歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県
職業 女優
ジャンル 劇映画時代劇現代劇)、テレビ映画
活動期間 1957年 - 1962年
主な作品
東京の休日
黒い画集 あるサラリーマンの証言

家田 佳子(いえだ よしこ、1941年7月12日 - )は、静岡県出身の元女優[1][2]

来歴・人物[編集]

青山学院高等部在学中の1957年東宝に入社。同年、鈴木英夫監督映画『脱獄囚』で映画デビューを果たす。

その後も多くの作品に出演するが、1962年の全農映画が製作した映画『乳房を抱く娘たち』以降の出演作品が見当たらない。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ KINENOTE「家田佳子」の項
  2. ^ 『芸能人物事典 明治大正昭和』 日外アソシエーツ、1998年、34頁。