家畜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

家畜(かちく)とは、人間が利用するために繁殖させ、飼育する動物をさす言葉である。

定義[編集]

家畜(かちく)とは、その生産物(毛皮労働力など)をが利用するために馴致・飼育している動物を指す。類義語に益獣(えきじゅう)があり、また鳥類のみを指した場合は家禽(かきん)と呼ぶ。この用途の動物については、近年では「産業動物(経済動物)」という呼称が一般化しつつある。また、国の法令でも「産業動物の飼養及び保管に関する基準」[1]があり、ここでの産業動物の定義として「産業等の利用に供するため、飼養し、又は保管しているほ乳類及び鳥類に属する動物をいう。」としている。

この他の用途として愛玩動物があり、いわゆるペットや鑑賞用の動物を含める場合もある。最も厳密に定義すると、単なる馴致や生産物の利用だけでなく、家畜化の過程で野生種と比較して体形をはじめとする外見が変化し、繁殖も含めた全ての生命維持活動を人の管理下に置かれるようになった動物が家畜である。

その見地からは、ハチカイコなど一部の昆虫が定義の中に含まれている。一例として、家畜伝染病予防法の第2条(「家畜伝染病」の定義)で、伝染性疾病の種類「腐蛆病」・家畜の種類「ミツバチ」が含まれている。

ただし、「家畜」という言葉は一般的には、人間が利用する動物の中で、愛玩動物金魚セキセイインコなどのペット)を除く、動物が生み出す生産物を利用する事に特化した哺乳類鳥類を指す。その限りにおいて一部の魚介類(マダイカキアコヤガイなど)や爬虫類スッポン、ヘビ、ワニ)は、人が食用や薬用、皮革など工業用に利用するために養殖されており同義の動物ではあるが、これら変温動物や前述のハチを家畜と呼ぶ事は少ない。

また「家畜」は原則として人間の飼育下で繁殖させた動物である。シカキジイノシシなど、その肉が美味で食用に供される動物であっても、野生動物を捕獲したものは家畜には含めない。一方で野生動物を捕獲したものであっても、その目的で飼育すれば愛玩動物・ペットには含まれる。

またインドゾウは人間の飼育下での繁殖が難しく、飼育されている個体は野生動物を捕獲したものがほとんどである。しかしながら長命であり、人間の管理下で繁殖した他の家畜よりも、はるかに長い期間を人間の飼育下で過ごす。これを家畜に含めるかどうかは異論がある。ただしインドゾウが実用に供されたのは過去の話であり、現在では愛玩動物となっている。

英語での家畜を意味するDomesticated animalは人間が家庭で利用するために飼育する動物を意味し、家庭用に品種改良をされた動物も含まれ、ペットである錦鯉金魚などは、人間が利用するために品種改良され、元来の野生種には存在していない個体が多いため家畜に含まれるが、家庭的にした動物と言う意味なので、けして悪い意味はなく、ペットや鑑賞用の動物も家畜に含まれる。

家畜化の歴史[編集]

ブタの祖先と言われるイノシシ。

最も古い家畜は、イヌである。オオカミが家畜化されたという点ではほぼ定説となっているが、その地域と時期については定説が確立していない。

ヒツジヤギブタ紀元前8000年頃の西南アジアで、それぞれムフロンパサンイノシシから家畜化されたと言われる。ブタは中国でも独自に家畜化されている。ウシ紀元前6000年頃に西南アジア、インド、それにおそらく北アフリカオーロックスから家畜化されている。ウマ紀元前4000年頃のウクライナで、ロバは同時期のエジプトで、スイギュウも同時期の中国で家畜化されている。ラマアルパカ紀元前3500年頃のアンデスで、グアナコビクーニャから家畜化された。ヒトコブラクダ紀元前2500年頃のアラビアで、フタコブラクダも同時期の中央アジアで家畜化されている。ネコに関しては、北アフリカネズミを駆除する目的で飼い始めたと考えられている。

大型の動物では、その他にトナカイヤクバンテン(バリ牛)・ガヤルが古代に家畜化をされている。現代でもイランドシマウマを家畜化しようという試みはあるが、これら以降に(狭義の)家畜化がなされた大型の動物は存在しないのが実情である。インドゾウは使役目的で古くから使われているが、人間の飼育下での繁殖はほとんど行われず、専ら野生の個体を捕獲して調教を行ってきた。大型哺乳類のうち家畜化できたといわれているのは15種程度と言われている。

1950年代半ばからロシアの神経細胞学者リュドミラ・ニコラエブナ・トルットとロシア科学アカデミー遺伝学者ドミトリ・ベリャーエフキツネを家畜化する実験(人為選択による馴致化実験)を行った[1][2]1960年代半ばの4世代目頃になると人に懐くようなり見た目や行動も変化が出てきた[3][4][5]

19世紀に入って家畜は、監禁を押し進められて、徐々に都市から周辺へと移動させ人間と家畜の空間を分離させることが進んできた。なお、イヌをレストランに連れていったり、公共交通機関で移動する、盲導犬がいる等、家畜と人間が空間を共有することで、彼らの取り扱いについての政治的な熟議のきっかけとなるという指摘がある。[6]

日本列島[編集]

考古学的にはイヌ、ウマ、ウシ、ネコなどの動物は、先史時代にユーラシア大陸で家畜化され、列島に入ってきたと推定されている。その家畜史は、沿海州、中国、朝鮮半島、台湾などと関連があったと推察できる[7]

縄文時代には狩猟犬としての縄文犬が存在し、食用のためイノシシを訓化して飼養することも行われていたと考えられている。弥生時代稲作農耕の導入に伴い、家畜化されたブタニワトリが大陸から導入され、縄文犬とは別系統の弥生犬も導入される。古墳時代にはウマが導入され、古代にはウシが登場する。屠児という言葉があり、これは屠殺業者も示していた(『和名類聚抄』:牛馬を屠り肉を取り鷹雞の餌とするの義なり)。

日本書紀』には「猪使連」という職が記述されており、古代には猪が飼育されていたという。

特徴[編集]

家畜動物には、野生のものには見られない、ある程度共通した特徴が見られる。

  • 形質が非常に多様化すること。特に非適応的な形態のものが現れること。
  • 繁殖期が延長すること。
  • 病気等への耐性の低下。
  • 繁殖等への人の手助けが必要になるなど、自立性の低下。

このような現象も家畜化と呼ばれる。

また、このような現象は、ある程度人間にも共通する。これは、人間が文明を築く内に、自らもその環境下での生活に適応した結果と考えられ、このことを自己家畜化という。

なお、ミツバチやカイコは昆虫であり、通念上これらを家畜と呼ぶ事は少ないが、上記の家畜の定義に適い、この項に示される性質を共有する。その点では家畜であるといえる。

人間以外の家畜使用[編集]

一般に、家畜を使うのは人間だけと考えられているが、アリの仲間には、巣内で昆虫類を飼育し、生産物を採る種類が存在する。たとえばクロオオアリは2齢後期のクロシジミの幼虫を育て、アリはその蜜を摂取している。また、東南アジアのアリの1種に、巣内にササラダニの1種を育て、餌にするものがある。このササラダニは、自力では産卵できず、アリがそれを補助するという。

家畜と環境[編集]

世界には、牛約14億頭、豚約10億頭、羊約10億頭、鶏190億羽の家畜がいる。それに対し人口は68億人である。人間2人に対し、家畜1頭と鶏5羽の比率である[8]。現在、地表面積の42%が畜産業(家畜飼育の場所や家畜の飼料生産)に使われており、国連食糧農業機関(FAO)は「家畜は世界最大の土地利用者」であると述べている[9]
国連食糧農業機関(FAO)は2006年に調査報告書「家畜の長い影」(Livestock’s long shadow)の中で「畜産業はもっとも深刻な環境問題の上位2.3番以内に入る」と発表。2050年までに肉・乳・卵需要は倍増すると予測され、家畜の増加に伴う環境破壊は2050年には今の倍以上に広がると警告している[10]。 肉と乳製品生産には、全農地の83%が使用されているにもかかわらず、そこから得られるカロリーは18%にすぎない。肉などの消費削減は、地球環境にとって不可欠であると考えられるようになってきている[11]。2018年10月10日、英科学誌ネイチャー(Nature)に、「世界は壊滅的な気候変動を回避するために、肉の消費量を大幅に削減することが不可欠だ」とする研究結果が発表された[12]

地球温暖化[編集]

植物を食べる家畜(動物性たんぱく質)を育て、食肉生産する過程で使われる化石燃料(石炭・ガスなどで燃やすと二酸化炭素、窒素酸化物など発生させる)は、大豆などの植物性たんぱく質の生産過程使われる化石燃料より8倍多く必要とされる [13]。 畜産業から排出される温室効果ガス(二酸化炭素、メタンなど)の総量は、車・飛行機などのあらゆる輸送手段から出される総量を超えている。
米国のワールドウォッチ研究所が2009年に発表した論文によると、畜産業からの二酸化炭素排出量は少なくとも年間326億トンで、世界の年間排出量の51%に上るとしている。

  • 2010年にカナダのダルハウジー大学で発表された論文では、2050年までに1人当たりの肉の消費量を世界平均で19%から42%減らさなければ、温室効果を抑え、現状レベルの地球環境を維持することはできない、としている [14]
  • 2016年のオックスフォード大学は「食肉消費を大幅に削減すれば、環境にも健康にもよいという研究結果を発表。温室効果ガスを最大3分の2削減、世界全体で約242兆円のコストを節約できる可能性があるという[15]
  • 2018年の食品カーボンフットプリント指数[16]によると、日本人が肉などの動物性食品から植物性食品に切り替えた場合、一年間で一人当たり55.45kgの二酸化炭素排出量を削減させることができる。
  • 2017年のランドマーク調査によれば[17]、食肉会社大手のJBSカーギルタイソン・フーズの3大企業は、2016年にフランス全土よりも多くの温室効果ガスを排出した。
  • 2018年のIATP(農業貿易政策研究所)の報告によると、今後肉と乳の消費量が増え続けた場合、2050年には温室効果ガスの81%を畜産業が占めることになるという[18]

水の汚染[編集]

現在地球上の牛の68%・豚の50%・家禽の74%採卵鳥の68%は工業的畜産システムで飼養されている。 工業的畜産とは大量の家畜を密飼い・密閉飼いし、高度な機械を導入することで、家畜飼養にかかわるコストを抑える畜産方法である。 家畜が自由に動き回ることができないことや飼養密度の高さからなどから、家畜は病気になりやすく、また病原体が伝染しやすい。 そのため家畜にはさまざまな抗菌性物質ワクチンが投与される。そしてその家畜から出た排泄物は海へ流れ込む。
また家畜の飼料作物栽培に散布される農薬も海へ流れ込み、珊瑚礁を破壊する。
また、畜産業では大量の抗生物質が消費されており(日本の場合は抗生物質の2/3が家畜に使用されている[19])、それらの薬剤の30~90%はそのまま活性物質として排出される。現代の工場式の畜産はこれらの薬剤を大幅に環境に放出している可能性がある[20]。 2017年国際連合食糧農業機関(FAO)は、レポート「農業からの水質汚染」の中で、急速に成長している畜産業が、水質に「深刻な影響を及ぼしている」報告している[21]

海洋生態系の破壊[編集]

国連環境計画(UNEP)は、地球温暖化や海洋汚染、乱獲などの影響で2050年頃には海の生態系の変化が顕著になり、世界のほぼすべての海域で漁獲量が減少し、小さい魚しかいなくなると発表した[22]。 現在、地球上の漁獲量の1/3が家畜の餌(フィッシュミール)に使われている。

水不足[編集]

家畜の飼料栽培に使われる灌漑(人工的に水を土地に供給すること)農業は、水不足の大きな原因としてあげられる。2006年、国連環境計画(UNEP)国際地球水アセスメント(GIWA)は、2030年までに17億増える人口を養う水を確保するためには、天水に頼る作物栽培を増やすともに食肉消費も減らさねばならない、と発表した。
「An influential study in 2010」[23]によると、1kgの野菜生産に必要な水の量は約322リットルで、果物は962リットル/kgであったが肉生産はそれよりもはるかに多くの水を必要とする。鶏肉は4,325リットル/kg、豚肉は5,988リットル/kg、羊/ヤギの肉は8,763リットル/kg、牛は15,415リットル/kgとなっている。

酸性雨[編集]

アンモニア酸性雨の一因である。生物の活動で排出されるアンモニアの約65%が家畜から排出されている。

抗生物質耐性菌[編集]

  • 家畜の飼料に抗生物質を使用していることも抗生物質に対する耐性菌を産み出す原因になっており、例えばアメリカ合衆国では1999年の時点でカンピロバクターの54%が耐性菌になっていたと言われている[24]。このように細菌への影響も起きている。
  • 2015~17年度に実施された厚生労働省研究班の調査では、日本国産の鶏肉の59%から抗生物質耐性菌が検出された。研究班の富田治芳・群馬大教授は「半数という割合は高い」と指摘し家畜や人で「不要な抗菌薬の使用を控えるべきだ」と訴えている[25]

代表的な家畜[編集]

代表的な家畜であるウシ
ブタ
働くロバ

家禽[編集]

ニワトリ

飼育昆虫[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 動物好きな研究者の夢 -- 40年の研究からペットギツネが誕生
  2. ^ 実験飼育場で遊ぶキツネ Archived 2015年9月12日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 地球ドラマチック「不自然な“進化”~今 動物に何が!?~」
  4. ^ 特集:野生動物 ペットへの道
  5. ^ ロシア科学アカデミーシベリア支部 細胞学・遺伝学研究所の「キツネの家畜化研究」
  6. ^ スー・ドナルドソン/ウィル・キムリッカ. 人と動物の政治共同体. 尚学社. p. 162,163. 
  7. ^ 松井章「狩猟と家畜」 上原真人・白石太一郎・吉川真司・吉村武彦編『暮らしと生業 ひと・もの・こと 2』岩波書店 2005年 181頁
  8. ^ 総務省統計局2009年度データ
  9. ^ Animal production http://www.fao.org/animal-production/en/
  10. ^ long shadow' 家畜の長い影
  11. ^ The Guardian "Avoiding meat and dairy is ‘single biggest way’ to reduce your impact on Earth" https://www.theguardian.com/environment/2018/may/31/avoiding-meat-and-dairy-is-single-biggest-way-to-reduce-your-impact-on-earth
  12. ^ 【AFP=時事】気候変動対策に肉の消費減が不可欠、「欧米で9割減」提言 研究 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181011-00000043-jij_afp-sctch
  13. ^ 米コーネル大学研究
  14. ^ ロイターニュース
  15. ^ wired.co.uk
  16. ^ Food Carbon Footprint Index 2018 https://www.nu3.com/c/food-carbon-footprint-index-2018/
  17. ^ 「Big meat and dairy’s supersized climate footprint」2017年11月 https://www.grain.org/article/entries/5825-big-meat-and-dairy-s-supersized-climate-footprint
  18. ^ Emissions impossible How big meat and dairy are heating up the planet
  19. ^ 抗菌性物質の使用と薬剤耐性菌をめぐる状況 岐阜大学大学院連合獣医学研究科 浅井鉄夫 http://www.maff.go.jp/j/syouan/johokan/risk_comm/r_kekka_iyaku/pdf/siryou_2.pdf
  20. ^ 「環境内の医薬品:水道水と野生生物への脅威」2014年 http://www.chemtrust.org/wp-content/uploads/CHEM-Trust-Pharma-Dec14.pdf
  21. ^ 農業からの水質汚染(Water pollution from agriculture: a global review) http://www.fao.org/3/a-i7754e.pdf
  22. ^ 共同通信より
  23. ^ Water footprint of crop and animal products: a comparison http://waterfootprint.org/en/water-footprint/product-water-footprint/water-footprint-crop-and-animal-products/
  24. ^ 栃内 新 『進化から見た病気 「ダーウィン医学」のすすめ』(ブルーバックス B-1626) p.65 講談社 2009年1月20日発行 ISBN 978-4-06-257626-0
  25. ^ 薬効かない菌 鶏肉の半数から検出 厚労省研究班 2018年3月31日 日本経済新聞

参考文献[編集]

関連項目[編集]