容赦なく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

容赦なく』(ようしゃなく、原題:WITHOUT REMORSE)は、トム・クランシーによる小説。1993年刊行。

ジャック・ライアンシリーズの一作ではあるが、主人公は『クレムリンの枢機卿』などにも登場するジョン・クラークとなっているスピンオフ的作品。

執筆順ではシリーズ6作目に当たるが、シリーズ内での時間設定では最初の作品。

元海軍特殊部隊員であるジョン・ケリーが、CIA職員ジョン・クラークを名乗るまでの過程を描いている。

映画化[編集]

新潮文庫の帯にも「映画化決定」と書かれていたが、映画化は頓挫したまま進んでいない。

映画化権はパラマウントピクチャーズが保有している[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]