宿命 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

宿命』(しゅくめい)は、東野圭吾1990年に発表したミステリー小説。2004年には、WOWOWでテレビドラマ化され放送された。

あらすじ[編集]

高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった和倉勇作は、その後、警察官となった。その勇作が担当となった殺人事件の容疑者として現われたのは、なんと学生時代のライバルの瓜生晃彦で、勇作の初恋の女性の夫となっていた。

刊行書誌[編集]

テレビドラマ[編集]

概要[編集]

2004年12月26日に、WOWOWの『ドラマW』枠で放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]