寂室元光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

寂室元光(じゃくしつげんこう、正応3年5月15日1290年6月23日) - 貞治6年/正平22年9月1日1367年9月25日))は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての臨済宗美作高田の出身。俗姓は藤原氏。一説によれば小野宮藤原実頼の後裔とされる。諱は元光。道号は初め鉄船と号したがのちに寂室と称する。諡号は円応禅師、昭和3年11月には正燈国師の諡号あり。

生涯[編集]

13歳で山城国三聖寺の無為昭元に師事して出家し、後に鎌倉禅興寺の約翁徳倹、武蔵金沢称名寺慧雲一山一寧などに師事した。元応2年(1320年)に可翁宗然らと共に中国のに渡り、天目山の中峰明本、径山の元叟行端などに参禅し、中峰から寂室の道号を与えられた。嘉暦元年(1326年)に帰国し、以後25年間は中国地方、中部地方など各地を行脚した。備後永徳寺摂津福源寺などを開き一時留まったりもしている。

正平16年/康安元年(1361年)、近江守護六角氏頼の帰依を得て、永源寺の開山となった。師・中峰の隠遁的な禅を受け継ぎ、世俗から離れ、生涯黒衣の平僧として過ごした。時の天皇や室町幕府から京都天龍寺・鎌倉建長寺などへ拝請されたが、受けることなく永源寺に隠棲した。

詩・偈・墨跡は特にすぐれ、重要文化財に指定されているものもある。

文化財[編集]

  • 寂室元光墨蹟(瑞岩号)(新潟県 貞観園保存会)
  • 寂室元光消息(二月九日 華厳寺宛)(滋賀県 永源寺
  • 寂室元光墨蹟(風撹飛泉詩)(滋賀県 永源寺)
  • 寂室元光墨蹟(遺偈 貞治六年九月一日〉(滋賀県 永源寺)
  • 寂室元光墨蹟(越谿字号并説 貞治五年仲秋月)(蠟牋) (滋賀県 退蔵寺)
  • 寂室元光消息(極月廿四日 華蔵院宛)(京都国立博物館
  • 寂室元光筆消息(六月十八日 孤峰覚明宛)(京都府 法雲院)
  • 寂室元光筆大慧禅師法語(京都府 北村美術館
  • 寂室元光墨蹟(与弥天釈侍者付衣偈 貞治丙午臘月)(京都府 承天閣美術館

※全て国の重要文化財。

関連文献[編集]

  • 『寂室 日本の禅語録 第10巻』 入矢義高訳注、講談社 1979年
    • 「寂室-高潔の禅者、現代語訳 永源寂室和尚語」
  • 『寂室元光』 原田龍門 春秋社 1980年
  • 『寂室元光 林下の禅者』 浪本澤一 創林社 1983年