寄藤文平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寄藤 文平(よりふじ ぶんぺい、1973年7月21日[1] - )は日本アートディレクターグラフィックデザイナーイラストレーター[2]

経歴[編集]

長野県箕輪町生まれ[3][4]。子供の頃はどちらかというと引いた子供だった[5]。中学までは教師や新聞記者に憧れていて絵の道は考えていなかったが図工には自信があった[6]。父の知り合いで早稲田大学出身の報知新聞の記者がいたことから自分も同じ道を進もうとするも勉強ができず、高校では勉学より水彩画にのめり込み、2年生の夏休みに父の勧めで美術大学を目指すために予備校に通った[6][5]長野県伊那北高等学校卒業後[7]武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科へ進学[2]、絵のジャンルは何でもよかったが教わった先生がグラフィックデザイナーだったためデザイン学科を選び[5]、その頃からグラフィックデザイナーを目指すようになる[8]。人と違うものを表現しようと追求した時期もあったが芸術でコンピューターを使うことが増えた時期で「新しさはテクノロジーが生む者で自分自身の表現ではない」と感じて手描きだけの基本的な技術だけで表現することに興味を抱く[9]。広告代理店の仕事を受けるようになると大学を中退、絵の仕事をに専念する[9]2000年有限会社文平銀座を設立し[2]広告ロゴデザイン、アニメーション制作などを手がける。2008年、『暮らしの雑記帖』『ナガオカケンメイのやりかた』で第39回講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞[10]岡本欣也と製作した日本たばこ産業のポスター・新聞広告で2005年東京ADC賞受賞[11]

作品[編集]

広告[編集]

装幀[編集]

CI・VI[編集]

著書[編集]

  • 『ウンココロ しあわせウンコ生活のススメ』(2000年)
  • 『アホウドリの糞でできた国 ナウル共和国物語』(2004年) ※古田靖との共著
  • 『ウンココロ手帖』(2006年)
  • 『死にカタログ』(2006年)
  • 『地震イツモノート』(2007年)
  • 『数字のモノサシ』(2008年)
  • 『元素生活 Wonderful Life With The ELEMENTS』(2009年)
  • 『ラクガキ・マスター 描くことが楽しくなる絵のキホン』(2009年)

出典[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.496
  2. ^ a b c クリエーターズファイル|寄藤文平|GA info.
  3. ^ (フロントランナー)寄藤文平さん 「発想は直感でも、選んだ理由は徹底的に考える」”. 朝日新聞. 2016年2月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月30日閲覧。
  4. ^ タイで防災デザイン展を開催!「地震イツモノート」寄藤文平氏単独インタビュー - ページ 3 / 3 - ANNGLE
  5. ^ a b c 寄藤文平さんインタビュー - オトコの本棚 | WEB本の雑誌
  6. ^ a b 仕事を選ぶ 先輩が語る働く現場64 22ページ 朝日ウイークリー編集部 朝日学生新聞社 2014年
  7. ^ 長野県伊那北高等学校 写真でお伝え 学校生活だより
  8. ^ 志事人 #2 アートディレクター・イラストレーター 寄藤文平 | ポプラビーチ
  9. ^ a b 仕事を選ぶ 先輩が語る働く現場64 23ページ
  10. ^ ブックデザイン賞:講談社
  11. ^ 2005 ADC展|展覧会・イベント | クリエイションギャラリーG8