密陽朴氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
密陽朴氏
各種表記
ハングル 밀양박씨
漢字 密陽朴氏
発音 ミリャン パクシ
密陽朴氏の紋章

密陽朴氏(みつようぼくし、밀양박씨)は、朝鮮の氏族の一つ。本貫密陽とする。韓国においては、金海金氏に次いで大きな氏族集団である。また、朴姓のうち最大の本貫である。

統一新羅末期の第54代王・景明王の長男・密城大君朴彦忱を始祖とする。朴彦忱は新羅初代王朴赫居世の30世孫とされており、朴赫居世を始祖とすることもある。

その末裔は、高麗で大臣を務めた朴彦孚を派祖とする門下侍中公派など、10余りの分派に分かれている。

始祖の新羅の初代国王・赫居世が井戸から生まれたという伝説があるため、創氏改名の時に「新井」を名乗った人が多い[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 漢陽趙氏 ― 朝鮮人の姓名”. www.tufs.ac.jp. 2019年7月15日閲覧。

関連項目[編集]