富内村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富内村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 豊原支庁
大泊郡
総人口 2,773
1941年12月1日
隣接自治体 豊原市
大泊郡大泊町千歳村深海村長浜村知床村
豊栄郡栄浜村豊北村
富内村役場
所在地 樺太庁大泊郡富内村
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

富内村(とんないむら)は、日本の領有下において樺太に存在した指定町村)。

富内という地名は、アイヌ語でトンナイチャ(Tonnayca)と呼び、「トー・ウン・ナイ・チャ」(湖から出る川)に由来[1]。「とむない」と読む人もいる。

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照。

1923年に富内村と合併した旧・落帆村は、アイヌ語研究者の金田一京助が樺太での初調査の際訪れたことで有名。

概要[編集]

オホーツク海に面し、樺太の行楽地である富内湖恩洞湖遠幌湖能仁湖頭場湖など、湖の多い村であった。

歴史[編集]

村内の地名[編集]

  • 恩洞(おもと)
  • 野幌(のっぽろ)
  • 育仁(いくに)
  • 下伊佐(しもいさ)
  • 中伊佐(なかいさ)
  • 上伊佐(かみいさ)
  • 能仁(のうに)
  • 遠幌(えんほろ)
  • 阿辺(あべ)
  • 東幌泊(ひがしほろとまり)
  • 愛郎(あいろう)
  • 鉢戸(はちと)
  • 豊舞(とよまい)
  • 神居(かもい)
  • 親口(おやくち)
  • 矢根(やね)
  • 皆岸(みなきし)
  • 三軒屋(さんげんや)
  • 伊茶旡(いちゃに)
  • 時岱(ときたい)
喜美内村地域
  • 上喜美内(かみきみない)
  • 下喜美内(しもきみない)
落帆村地域
  • 南負咲(みなみおぶさき)
  • 南藻入(みなみもいれ)
  • 蝶内(ちょうない)
  • 南遠古丹(みなみえんこたん)
  • 煤牛(すすうし)
  • 南板田(みなみいただ)
  • 散毛主(ちりけぬし)

[2]

地域[編集]

教育[編集]

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[3]

  • 樺太公立富内国民学校
    • 愛郎分教場
  • 樺太公立落帆国民学校
    • 上落帆分教場
  • 樺太公立南遠古丹国民学校
  • 樺太公立皆岸国民学校
  • 樺太公立上喜美内国民学校
  • 樺太公立喜美内国民学校
  • 樺太公立下喜美内国民学校

脚注[編集]

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実 p.242
  2. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  3. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1681

関連項目[編集]