富塚宗綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
富塚宗綱
時代 戦国時代 - 江戸時代初期
生誕 天文12年(1543年
死没 慶長18年(1613年[1]
別名 通称:亀松、又市郎、孫兵衛尉[2]
官位 近江守[2]
主君 伊達輝宗政宗
氏族 富塚氏
父母 父:富塚仲綱
信綱[1]
テンプレートを表示

富塚 宗綱(とみづか むねつな)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将[2]伊達氏の家臣[2]陸奥国伊達郡森山城主[2]

生涯[編集]

天文12年(1543年[1]、富塚仲綱の子として誕生[2]

宗綱が幼少の頃、父・仲綱が天文の乱伊達稙宗に属して討ち死にし、伊達晴宗によって所領を没収されるが、天文22年(1553年)に懸田俊宗の懇願によって宗綱は所領の一部を返還された[2]。その後、伊達輝宗政宗父子に従う。

天正13年(1586年)の人取橋の戦い[1]等の戦いに従軍し、後に宿老に任じられた[2]文禄の役では岩出山城留守居を務めている[2]。政宗の治世のうちに没したという[2]

家督は子・信綱が継いだ。以後、3代続いたが享保3年(1718年)に改易となった

脚注[編集]

  1. ^ a b c d やまがた情報局 戦国観光 伊達家の人々
  2. ^ a b c d e f g h i j 『戦国人名事典』551頁

出典[編集]