富士大学硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

富士大学硬式野球部(ふじだいがくこうしきやきゅうぶ)は、北東北大学野球連盟に所属する大学野球チーム。富士大学の学生によって構成されている。本拠地は岩手県花巻市

創部[編集]

1965年(昭和40年)創部 奥州大学として

歴史[編集]

東北大学野球連盟より独立した1991年の北東北大学野球連盟結成より加盟。1997年春季リーグ戦で新リーグで初優勝。リーグ開始以来、最も低い順位でも4位であり、1部から落ちたことのない強豪チームである。

1990年代は青森大学が強さを誇っており、リーグでは次ぐ存在であったが、プロ経験者の中嶋愛和監督の時代から徐々に強化を進めて2009年にコーチから昇格した青木久典監督(現法政大学野球部監督)が就任してからは八戸大学(現八戸学院大学)との2強時代となり、青木監督が母校・法政大学監督となり2014年にOBである豊田圭史が監督に就任してからは2018年秋まで10季連続優勝の連盟記録を打ち立てるなど黄金期を迎えている。先に躍進していた東北地区の他校と同様に全国から選手を集めると全国大会の常連になった。特に沖縄出身選手については、プロ入り後の活躍ぶりが目立っている。

記録[編集]

(2019年度秋 終了時点)

主な出身者[編集]