富士川丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富士川丸
Right
トラック環礁内に沈んでいる富士川丸
基本情報
船種 貨物船
クラス 富士川丸型貨物船
船籍 東京市/東京都
所有者 東洋海運
運用者 Flag of Japan.svg 東洋海運
 大日本帝国海軍
建造所 三菱重工業長崎造船所
姉妹船 鬼怒川丸
航行区域 遠洋
信号符字 JMHM
IMO番号 45067(※船舶番号)
建造期間 255日
就航期間 2058日
経歴
起工 1937年10月20日
進水 1938年4月15日
竣工 1938年7月1日
除籍 1944年3月31日
最後 1944年2月17日被弾沈没(トラック島空襲)
現況 ダイビングスポット
要目
総トン数 6,938トン
純トン数 4,963トン(1938年)
4,960トン(1940年)
全長 133.3m
垂線間長 132.59m
17.83m
深さ 10.01m
高さ 26.82m(水面から1・4番マスト最上端まで)
14.63m(水面から2・3番マスト最上端まで)
8.83m(水面から船橋最上端まで)
13.10m(水面から煙突最上端まで)
機関方式 三菱重工業製ディーゼル機関1基
推進器 1軸
最大出力 4,000BHP
最大速力 16.386ノット
航海速力 13.5ノット
航続距離 13.5ノットで50,000海里
積載能力 2,400トン
1940年12月9日徴用。
宇洋丸型貨物船4隻は準姉妹船。
高さは米海軍識別表[1]より(フィート表記)
テンプレートを表示
富士川丸
Right
富士川丸の船首砲。
基本情報
艦種 特設航空機運搬艦
特設運送船
艦歴
就役 1940年12月16日(海軍籍に編入時)
連合艦隊第11航空艦隊第22航空戦隊/舞鶴鎮守府所管
要目
兵装 40口径安式15cm単装砲2門
九三式13mm連装機銃2基4門
九二式7.7mm機銃2基2門
装甲 なし
搭載機 なし
徴用に際し変更された要目のみ表記
テンプレートを表示

富士川丸(ふじがわまる)は、かつて東洋海運が運航していた貨物船。太平洋戦争では特設航空機運搬艦として運航された。

船歴[編集]

徴用まで[編集]

富士川丸は三菱重工業長崎造船所の建造所番号第721番船として建造された。1937年10月20日に起工し、1938年4月15日に進水。1938年7月1日に竣工した。船名は東洋海運所有船の「○○川丸」という命名慣例に沿っており、一級河川富士川から命名されている。船体は東洋汽船が建造し、後に同じ東洋海運に移籍した宇洋丸型貨物船の準姉妹船で、宇洋丸型とは深さが異なる。竣工後は北米航路の貨物船として就航していたが、1940年(昭和15年)12月9日に海軍に徴用される。

特設航空機運搬艦として[編集]

1940年(昭和15年)12月16日、富士川丸は舞鶴鎮守府所管の特設航空機運搬艦として入籍し、連合艦隊第11航空艦隊第22航空戦隊に配属された。川崎重工業神戸造船所で艤装工事を行った富士川丸は中国方面で作戦行動を行った。1941年(昭和16年)7月1日第三艦隊第12航空戦隊所属となり、海南島台湾方面で作戦行動に従事。12月10日に第22航空戦隊所属に戻された。以降は南方方面での輸送に従事。

1942年(昭和17年)8月20日、富士川丸は釧路港を出港。22日0605、北緯34度55分 東経140度12分 / 北緯34.917度 東経140.200度 / 34.917; 140.200の地点で米潜水艦ポンパーノ(USS Pompano, SS-181)から魚雷3本を発射されるも被害はなく、ポンパーノに対し砲撃を行った[2]。同日、富士川丸は木更津港に到着した。10月1日、連合艦隊第11航空艦隊に移籍。以降はサイパンラバウル方面での輸送に従事。12月24日、連合艦隊南東方面艦隊第11航空戦隊附属となる。

1943年(昭和18年)6月7日、富士川丸は第3607船団に加わって横浜港を出港し、トラックに向かう。10日、北緯24度55分 東経145度30分 / 北緯24.917度 東経145.500度 / 24.917; 145.500小笠原諸島近海で航行中に米潜水艦フライングフィッシュ(USS Flying Fish, SS-229)に発見される。フライングフィッシュは魚雷を3本発射し、富士川丸はこれを回避した[3]。15日、船団はトラックに到着した。9月11日、富士川丸は第6113船団の一員としてクェゼリン環礁を出発し、トラックに向かった。船団には特務艦知床も所属していた。12日未明、北緯08度23分 東経165度12分 / 北緯8.383度 東経165.200度 / 8.383; 165.200の地点で米潜水艦パーミット(USS Permit, SS-178)の雷撃を受けて中破したものの自力でルオット へ帰投する[4]。富士川丸は同地で応急修理を受けた。21日、特設運送船香取丸(日之出汽船、1,920トン)に横付けされ、香取丸の2番砲及び3番砲の撤去作業を行った。23日、香取丸が離れる。11月24日、富士川丸は第6242船団に加わってルオットを出港。船団は31日にトラックに到着した。以降は沈没までトラックに滞留する。

特設運送船として・沈没とその後[編集]

1944年(昭和19年)1月1日、富士川丸は舞鶴鎮守府所管の特設運送船に類別変更され、舞鶴鎮守府部隊所属となる。2月17日トラック島空襲(米軍名:ヘイルストーン作戦)で、富士川丸は艦載機による雷撃を受ける。魚雷は右舷4番船倉に命中し、6時頃に富士川丸はゆっくりと沈没した。戦死者はいなかった。

現在、富士川丸は夏島(デュブロン島)の南、水深42mの地点で正立状態で沈んでおり、ダイビングスポットとなっている。船倉内にはドラム缶零式艦上戦闘機九六式艦上戦闘機等がある。

1994年(平成6年)2月、トラック島空襲から50年が経過した記念として、富士川丸と愛国丸(大阪商船、10,437トン)の甲板上に記念碑が設置された。損傷がほとんどない状態で沈んだこと、映画タイタニックの撮影に使われたことから、トラックに沈む艦船の中では世界的に有名となっており、ダイバーにも人気となっている。

しかし、近年になって1番マストが根本から倒壊。2012年(平成24年)夏頃には現地住民のダイナマイト漁による影響で機関室天井が崩落。2015年(平成27年)4月にトラックを襲った台風4号の影響で、先端部が海上に突き出ていた4番マストが根本から倒壊するなど、徐々に朽ち果てつつある。

艦長[編集]

  • 伊藤徳堯 大佐:1940年12月16日[5] - 1941年6月25日[6]
  • 山県駿二 大佐:1941年6月25日[6] - 1941年9月11日[7]
  • 近藤為次郎 大佐:1941年9月11日[7] - 1942年9月21日[8]
  • 藍原有孝 大佐:1942年9月21日[8] - 1943年10月8日[9]
  • 後藤傳治郎 大佐:1943年10月8日[9] -

脚注[編集]

参考文献[編集]