富士川義之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

富士川 義之(ふじかわ よしゆき、1938年9月13日 - )は、日本英文学者、文芸批評家東京大学名誉教授。

来歴・人物[編集]

富士川英郎の長男として岡山市で生まれた。東京教育大学文学部英文科を経て、1970年東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。國學院大學助教授、東京都立大学助教授・教授、1990年より東京大学文学部英文科教授、人文社会系研究科教授を務める。1998年に定年退官、名誉教授。のち駒澤大学教授を務め、2009年に退職。1996年から1998年まで日本英文学会会長を務めた。

ポーナボコフペイターなど、イギリス文学の耽美主義、幻想文学を専攻し、著訳書も多く出版、近代日本の作家論も執筆している。

2015年『ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎』で第66回読売文学賞(評論・伝記賞)を受賞。親子2代での受賞となった。

著書[編集]

  • 『風景の詩学』白水社、1983年、新装版2004年
  • 『幻想の風景庭園 ポーから澁澤龍彦へ』沖積舎、1986年
  • 『記憶のランプ』沖積舎、1988年
  • 『ある唯美主義者の肖像―ウォルター・ペイターの世界』青土社、1992年
  • 『英国の世紀末』新書館、1999年
  • 『ナボコフ万華鏡』芳賀書店、2001年
  • 『きまぐれな読書 現代イギリス文学の魅力』みすず書房〈大人の本棚〉、2003年
  • 『新=東西文学論 批評と研究の狭間で』みすず書房、2003年
  • 『ある文人学者の肖像 評伝・富士川英郎』新書館、2014年

主な編書[編集]

  • 『日本幻想文学集成4 澁澤龍彦国書刊行会、1991年-1995年、新編2016-2017年
  • 『澁澤龍彦文学館3 脱線の箱』 筑摩書房、1991年
    17・18世紀のイギリス文学を収録。
  • 『猫物語』 白水社、1992年、新装版1998年
  • 『亡霊のイギリス文学 豊饒なる空間』 国文社、2012年(結城英雄共編)
  • 『オスカー・ワイルドの世界』 開文社出版、2013年(玉井暲・河内恵子共編)
  • 『ノンフィクションの英米文学』金星堂、2018年(結城英雄・東雄一郎共編)

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 『栴檀の光 富士川義之先生、久保内端郎先生退職記念論文集』 東雄一郎共編 金星堂 2010年

参考記事[編集]

  • 富士川義之略歴・研究業績目録『英米文学』(駒澤大学 2009年)
  • 富士川義之 『ある文人学者の肖像―評伝・富士川英郎』(新書館 2014年) ISBN 978-4-403-21106-5