富士機工

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
富士機工株式会社
FUJI KIKO CO., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7260
1966年3月 - 2018年1月22日
本社所在地 日本の旗 日本
431-0431
静岡県湖西市鷲津2028
設立 1944年11月15日
業種 輸送用機器
法人番号 5080401006071
事業内容 自動車部品の製造・販売
代表者 村瀬昇也(代表取締役社長)
資本金 59億85百万円
発行済株式総数 53,171千株
売上高 単体:541億45百万円
連結:1,127億65百万円
(2017年3月期)[1]
純資産 単体:243億95百万円
連結:410億33百万円
(2017年3月期)[1]
総資産 単体:495億99百万円
連結:787億50百万円
(2017年3月期)[1]
従業員数 単体:1,235名
連結:4,247名
(2017年3月31日現在)[1]
決算期 3月31日
主要株主 ジェイテクト 100%
外部リンク http://www.fujikiko-group.com/
テンプレートを表示

富士機工株式会社(ふじきこう、: Fuji Kiko Co., Ltd.)は、ステアリングやパワートレイン等の自動車部品の製造・販売メーカーである。日産自動車向けが主力で約7割を占めている。最近はトヨタ自動車向けなどにも拡大している。なお、SUBARUとの資本的な関係はない。主な製品はステアリングコラム、シフター及び機関駆動部品など。

沿革[編集]

  • 1944年(昭和19年)11月 - 富士兵器株式会社を創立[1]
  • 1945年(昭和20年)10月 - 社名を富士機工株式会社に変更[1]
  • 1966年(昭和41年)3月 - 東京証券取引所第2部に上場[1]
  • 1996年(平成8年)9月 - 東京証券取引所第1部に指定替え[1]
  • 2017年(平成29年)10月 - シート事業を株式会社TF-METALに会社分割し、同社の全株式をタチエスに売却[2][3][4]
  • 2017年(平成29年)12月 - ジェイテクト株式公開買付けにより、議決権所有割合ベースで95.01%の株式を取得[5]
  • 2018年(平成30年)1月 - 上場廃止。株式売渡請求によりジェイテクトの完全子会社となる[6]

事業所[編集]

本社
工場
  • 新居工場:静岡県湖西市新居町内山1558
  • 本庄工場:埼玉県本庄市いまい台2-7
  • 富士機工クラタ:愛知県蒲郡市浜町26番地

関連会社[編集]

日本国内[編集]

  • 九州富士機工
  • 東三河富士機工
  • 磐田富士機工
  • 富士機工クラタ

日本国外[編集]

  • FJMEX(FUJIKIKO DE MEXICO S.A. DE C.V.)(メキシコ)
  • フジキコウU.S.A.(アメリカ)
  • ダグラスオートテック(アメリカ)
  • フジオートテックA.B.(スウェーデン)
  • P.T.オートテック インドネシア(インドネシア)
  • フジコーヨー チェコ(チェコ)
  • フジオートテック フランス(フランス)
  • フジ・オートテック(タイランド)(タイ)
  • 広州富士機工汽車部件有限公司(中国)

ほか

出典[編集]

[ヘルプ]