富士通エンジニアリングテクノロジーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社
Fujitsu Engineering Technologies Limited
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 FETEC
本社所在地 日本の旗 日本
220-0012
横浜市西区みなとみらい3-6-3
MMパークビル15階
設立 1983年7月1日
(日揮情報システム株式会社として)
業種 情報・通信業
法人番号 5020001021311
代表者 代表取締役社長 延下 哲朗
資本金 4億円(払込資本金)
売上高 75.9億円(2017年度実績)
従業員数 300名(2019年4月現在)
主要株主 富士通(株) 100%
外部リンク 富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社
テンプレートを表示

富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社(ふじつう-、: Fujitsu Engineering Technologies Limited)は、富士通グループのシステムインテグレーター(メーカー系)。略称はFETEC。神奈川県横浜市西区に本社を置く。

概要 [編集]

前身である日揮情報システム株式会社(略称 J-SYS)は日揮株式会社の情報子会社として1983年に設立され、日揮の基幹系システムの運用の請負や建設業向けのソリューション事業などを行なってきた。

2016年3月31日富士通株式会社へ譲渡され現社名へと改称された[1]

沿革[編集]

  • 1983年7月 - 日揮株式会社より分離・独立
  • 1992年12月 - J-SYS Philippines Inc.(現 Fujitsu Engineering Technologies Philippines, Inc.)設立
  • 1997年3月 - 通商産業大臣認定 『システムインテグレータ』取得
  • 2000年4月 - 日揮情報ソフトウェア株式会社を設立
  • 2004年7月 - ISO9001認証取得
  • 2004年9月 - プライバシーマーク認定取得
  • 2007年7月 - 株式会社コア・システムデザインと資本提携
  • 2009年4月 - 日揮情報ソフトウェア株式会社を吸収合併
  • 2016年3月 - 富士通エンジニアリングテクノロジーズ株式会社に社名変更[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日揮情報システム株式会社株式の富士通株式会社への譲渡について”. 株式会社富士通 (2016年2月12日). 2018年3月8日閲覧。

関連項目[編集]