富士食品工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富士食品工業株式会社
Fuji Foods Corporation.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
222-8624
神奈川県横浜市港北区大豆戸町94番地
設立 1958年8月1日
業種 食料品
法人番号 2020001030496
事業内容 スープ・調味料の製造・販売
代表者 小松 信一(代表取締役社長)
資本金 3億35万8,000円
売上高 183億円(2016年12月実績)
純利益 7億8400万円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 155億4400万円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 372名(2017年1月1日現在)
主要株主 テーブルマーク
外部リンク www.fuji-foods.co.jp
テンプレートを表示

富士食品工業株式会社(ふじしょくひんこうぎょう、英文名称Fuji Foods Corporation.)は、オイスターソースやインスタントスープを製造する調味料メーカー。テーブルマークの子会社であり、JTグループの一員。

初代社長の松倉賢治は太平洋戦争徴兵され東南アジアに出兵、戦後、イギリス軍捕虜となり、収容先で出された固形コンソメスープの味と簡便さに感動し、これを下着に隠して日本に持ち帰り、日本で初めて固形コンソメスープの製造販売を行った[2]。1961年に開発した即席麺用別添粉末スープは、従来の麺に味を染み込ませるタイプに比べ日持ちするため、高いシェアを獲得した。

同名である、富士パン粉工業の前身会社及び栃木県のもやし製造会社との直接の関係はない。

主な製品[編集]

家庭用
(かつて発売していたもの:下記)
業務用
  • 食品メーカー向け即席麺用別添スープ
  • 飲食店向け中華調味料、麺料理用スープ・たれ等
  • 牛肉エキス
  • ミタス(うま味調味料) - ※かつては旭化成から発売。

事業所[編集]

沿革[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 富士食品工業株式会社 第61期決算公告
  2. ^ http://hamarepo.com/story.php?story_id=2228