富士駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富士駐屯地
所在地 静岡県駿東郡小山町須走
座標 北緯35度21分20秒
東経138度51分35秒
駐屯地司令 陸上自衛隊富士学校長 兼務
主要部隊 富士学校
富士教導団本部
開発実験団本部ほか
開設年 1954年
テンプレートを表示

富士駐屯地(ふじちゅうとんち、JGSDF Camp Fuji)は静岡県駿東郡小山町須走481-27[1]に所在し、陸上自衛隊富士学校等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。 施設全域を含め一般には「富士学校」と呼ばれることが多い(駐屯地入口付近の信号の案内標識も「富士学校入口」)。

駐屯地司令は富士学校長が兼務。なお、本駐屯地には会計隊及び駐屯地業務隊が存在せず、富士学校がそれらの業務を行う。最寄の演習場東富士演習場と北富士演習場である。

沿革[編集]

保安隊

陸上自衛隊

  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[2]
    • 8月5日:化学教育隊(現・化学学校)が宇治駐屯地から移駐。
    • 8月20日:陸上自衛隊富士学校が新設され開校[3]
    • 9月25日:第2特科群本部及び本部中隊、第108特科大隊が新編。
    • 10月:富士駐屯地に富士学校自動車教習所が開設される[4]
  • 1955年(昭和30年)
    • 2月11日:第305武器野整備中隊が霞ヶ浦駐屯地から移駐。
    • 6月20日:富士学校に富士学校航空班を新編。
  • 1956年(昭和31年)1月25日:第13普通科連隊第3大隊を基幹として普通科教導連隊が富士駐屯地で編成完結。
  • 1957年(昭和32年)
  • 1958年(昭和33年)3月25日:第2特科群本部及び本部中隊が南仙台駐屯地に移駐。
  • 1960年(昭和35年)
    • 1月14日:第104地区警務隊、第307基地通信隊が編成完結。
    • 3月24日:富士学校航空班が滝ヶ原分屯地に移駐。
    • 4月11日:滝ヶ原分屯地が開設。普通科教導連隊が滝ヶ原分屯地へ移駐。滝ヶ原分屯地司令に職務指定。
  • 1961年(昭和36年)
    • 8月17日:富士教導隊が新編。第108特科大隊が特科教導隊に改編。
    • 12月:静岡県公安委員会指定自動車教習所として指定を受け滝ヶ原駐屯地に移転[4]
  • 1964年(昭和39年)3月24日:第305武器野整備中隊が第308武器野整備中隊に改称。
  • 1972年(昭和47年)7月:第110施設大隊が滝ヶ原駐屯地へ移駐。
  • 1974年(昭和49年)4月11日:滝ヶ原分屯地が駐屯地に昇格。
  • 1975年(昭和50年)12月16日:陸上自衛隊富士地区病院が開設[5]
  • 1988年(昭和63年)4月8日:陸上自衛隊富士地区病院が自衛隊富士病院に改称[6]
  • 2008年(平成20年)3月26日:警務隊の改編により、第104地区警務隊が第128地区警務隊に改称。
  • 2001年(平成13年)3月27日:装備開発実験隊を母体として開発実験団、装備実験隊を新編。
  • 2002年(平成14年)3月27日:第308武器野整備中隊(東部方面武器隊隷下)を母体に第105全般支援大隊、富士教育直接支援大隊を新編。
  • 2018年(平成30年)3月27日:陸上自衛隊小平学校の一部が移駐し、陸上自衛隊情報学校として開設。
  • 2019年(平成31年)3月26日:部隊新・改編。
  1. 富士教導団隷下の戦車教導隊及び偵察教導隊が駒門駐屯地へ移駐、第1機甲教育隊と統合の上機甲教導連隊へ改編。
  2. 情報学校に情報教導隊を新編。

駐屯部隊・機関[編集]

防衛大臣直轄部隊・機関[編集]

東部方面隊隷下部隊・機関[編集]

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 防衛ハンドブック2012(朝雲新聞社)
  2. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月11日閲覧。
  3. ^ 陸上自衛隊富士学校”. 防衛省・自衛隊. 2016年5月20日閲覧。
  4. ^ a b 富士教導団教育隊”. 2020年5月31日閲覧。
  5. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和50年政令第338号)
  6. ^ 自衛隊法施行令の一部を改正する政令(昭和63年政令第99号)”. 法庫. 2016年5月20日閲覧。

出典[編集]

  • 『陸上自衛隊富士学校・富士駐屯地開設50周年記念誌』(陸上自衛隊富士学校・富士駐屯地編 H16)