富奥村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
とみおくむら
富奥村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 新設合併
野々市町、富奥村 → 野々市町
現在の自治体 野々市市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 石川県
石川郡
団体コード 当時存在せず
面積 6.12km².
隣接自治体 金沢市
石川郡松任町、野々市町、鶴来町郷村
富奥村役場
所在地 石川県石川郡富奥村中林[1]
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

富奥村(とみおくむら)は、かつて石川県石川郡に存在した

村名の由来は、この地が江戸時代に富樫荘(富樫)、中奥郷[2](中奥組)にまたがっていた所であり、両者からそれぞれ一字ずつ採ったもの。

地理[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により矢作、粟田新保、下新庄、上新庄、太平寺、位川、下林、三納、藤平田、藤平田新、中林、上林、清金、末松の14か村が合併し、石川郡富奥村が成立。
  • 1904年(明治37年)11月1日 - 松金馬車鉄道(後の北陸鉄道松金線)が開通(太平寺)。
  • 1955年昭和30年)4月1日 - 野々市町と合併[4]。この時、粟田新保は粟田、藤平田新(とへいだしん)は藤平(ふじひら)とそれぞれ改称、下新庄と上新庄は合併して新庄となり、あとの10大字は野々市町の大字に継承。

行政[編集]

村長[編集]

代数 氏名[5][6] 就任年月日[5][6] 退任年月日[5][6] 備考
1 藤村嘉平 1889年(明治22年)6月17日 1893年(明治26年)6月16日
2 永寛敬信 1893年(明治26年)6月18日 1902年(明治35年)7月20日
3 小林栄太郎 1902年(明治35年)8月25日 1914年(大正3年)9月23日
4 古源栄次郎 1914年(大正3年)11月30日 1922年(大正11年)12月28日
5 谷市三郎 1923年(大正12年)1月25日 1935年(昭和10年)2月
6 小林千太郎 1935年(昭和10年)2月 1939年(昭和14年)2月
7 中島栄治 1939年(昭和14年)2月17日 1944年(昭和19年)2月15日 後に野々市町長[7]
8 竹内一朗 1944年(昭和19年)2月 1947年(昭和22年)4月
9 山原七郎 1947年(昭和22年)4月 1951年(昭和26年)4月
10 村井次一 1951年(昭和26年)4月 1955年(昭和30年)4月

地域[編集]

教育[編集]

小学校

  • 富奥村立富奥尋常小学校[8]
1902年(明治35年)4月1日、中林尋常、粟田新保、下林尋常小学校の3校が合併して富奥村立富奥小学校が誕生。
1955年(昭和30年)4月1日、野々市町と合併に伴い、野々市町立富奥小学校と改称。
1961年(昭和36年)4月1日、旧野々市町立野々市尋常高等小学校と統合され、1962年(昭和37年)8月に新野々市小学校の新校舎が完成し富奥小校舎は閉校。同年12月7日、富奥小校舎の跡地には石川県農業試験場が移転新築され、1987年(昭和62年)まで使用(金沢市才田町に移転)。現在はJAののいち本店と野々市スポーツランドが建っている。

中学校

  • 富奥村立富奥中学校(校舎は富奥村立富奥尋常小学校と共同)
1947年(昭和22年)3月に教育基本法が制定され、六・三・三制が実施したことにより中学校までが義務教育となった。同年4月1日、学校教育規則法により富奥村立富奥中学校、同富奥小学校と改称した。1948年(昭和23年)、校舎の改装工事により、1949年(昭和24年)11月10日には、木造2階建ての校舎が完成。
野々市町との合併後に野々市町立富奥中学校と改称したが、1956年(昭和31年)3月31日、旧野々市中学校と統合のため廃校。新校舎(本町・現在、野々市市文化会館フォルテ)が完成するまでは、教場として活用されていた。

交通[編集]

鉄道路線[編集]

出身人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 帝国市町村便覧(1915年)P.272”. 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー. 2013年7月3日閲覧。
  2. ^ 中奥村
  3. ^ 野々市市観光マップ 末松廃寺跡”. 野々市市. 2013年2月7日閲覧。
  4. ^ 新しい野々市町の誕生”. 野々市市. 2013年2月7日閲覧。
  5. ^ a b c 石川県石川郡誌(1927年)P.976”. 国立国会図書館 近代デジタルライブラリー. 2013年7月3日閲覧。
  6. ^ a b c 第六章 明治以降 第八節 三役と社会”. 『富奥郷土史』(1975年). 2013年7月3日閲覧。
  7. ^ 資料集(七~九) 八、郷土に育まれた人物”. 『富奥郷土史』(1975年). 2013年7月19日閲覧。
  8. ^ 富奥小学校跡地の碑”. ののいち歴史探訪. 2013年2月7日閲覧。
  9. ^ 私の勉学時代”. 関塾 タイムス. 2013年2月7日閲覧。

関連項目[編集]