富山刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

富山刑務所(とやまけいむしょ)は、富山県富山市西荒屋にある、法務省矯正局名古屋矯正管区に属する刑務所

下部機関として高岡拘置支所の1ヶ所の支所を持つ。

所在地[編集]

  • 939-8251 富山県富山市西荒屋285-1

収容分類級[編集]

  • B級

再犯者の短期処遇が目的の刑務所である。

収容定員[編集]

  • 505人

沿革[編集]

富山監獄所時代の1888年明治21年)には、同所の囚人を分駐して、現在の富山市大沢野地区に『大沢野外役所』を設置していた[1]

1899年(明治32年)、富山城西の丸跡にあった県富山監獄署が西田地方(後の西中野町)に移転。1924年大正13年)に金沢刑務所富山支所となった。1945年昭和20年)には富山大空襲により施設の大半を焼失。1947年(昭和22年)に本所に昇格したことに伴い現在の名称『富山刑務所』に改称された。1975年(昭和50年)6月に施設の老朽化のため現在地へ移転した[2]

跡地には富山市城南公園と富山市科学博物館がある[3]

組織[編集]

所長の下に2部1課を持つ2部制である。

  • 総務部(庶務課、会計課、用度課)
  • 処遇部(処遇担当、企画担当)
  • 医務課

外観・設備[編集]

特記事項[編集]

  • 特色ある刑務作業として神輿の製作がある。1976年から始った。完成まで4-6ヶ月かかり、担当の受刑者約10人で年30-40基製作している。神輿は7種類から選べ、価格は1基60万円から615万円で[4]、ケヤキ製の最高級神輿は2014年では2,739,000円(税込)。なお、比較的短期の刑期の受刑者が多いため、技術を習得した頃に出所してしまうことが悩みでもある[4]
  • 木材工芸の技術指導施設もあり、社会復帰に向けて受刑者が訓練に励んでいる。
  • 映画「あなたへ」の舞台ともなったほか、高倉健演じる指導技官のモデルは、2019年3月に定年退官予定の実在の指導技官である[4][5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 角川日本地名大辞典 16 富山県』(昭和54年10月8日、角川書店発行)182ページ
  2. ^ 『富山大百科事典 下巻』(1994年8月1日、北日本新聞社発行)357ページ。
  3. ^ 『そらのさんぽみち 富山県航空写真集』(1981年5月、中日航空企画発行)52ページ。
  4. ^ a b c 『みこしで更生 伝統つなぐ 映画「あなたへ」故高倉健さんモデル 富山刑務所 ○○さん来春退官』北日本新聞 2018年8月11日35面
  5. ^ [1]

関連項目[編集]

座標: 北緯36度39分15.3秒 東経137度11分48.5秒