富山田地方駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富山田地方駅
富山田地方駅付近。当該区間は立山線と本線の単線並列だがホームがあるのは本線側のみ。
富山田地方駅付近。
当該区間は立山線と本線の単線並列だが
ホームがあるのは本線側のみ。
とやまでんじがた
Toyama-Denjigata
電鉄富山 (0.7km)
(1.0km) 稲荷町
所在地 富山県富山市千歳町
所属事業者 富山地方鉄道
所属路線 富山地方鉄道本線
キロ程 0.7km(電鉄富山起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1931年昭和6年)8月15日
廃止年月日 1969年昭和44年)4月15日
テンプレートを表示

富山田地方駅(とやまでんじがたえき)は、かつて富山県富山市千歳町にあった富山地方鉄道本線の廃駅である。

沿革[編集]

概要[編集]

富山電気鉄道線富山田地方駅 - 上市駅間及び寺田駅 - 五百石駅間開業当時の新聞

当駅は1931年(昭和6年)8月15日に富山電気鉄道線当駅 - 上市駅間及び寺田駅 - 五百石駅間開業と同時に開業した[1]。開業当時には当駅 - 富山駅間が未だ工事中であったため、同社線の始発駅としての開業であった[2]。同年10月3日には当駅 - 電鉄富山駅が開業し、途中駅になっている[3]。既に当駅周辺には富岩鉄道線の富山口駅や富山市営軌道の東田地方停留場が開業しており、各路線の乗換客が多くあったといわれる[4]

しかるに昭和40年代において当駅の利用者数が最盛期に比して半減していたこと、北陸本線及び富山港線を含めた東田地方踏切の立体交差化計画や電鉄富山駅 - 稲荷町駅間の複線化計画の浮上、電鉄富山駅改良計画に伴う移設によって更に駅間距離が短くなると予想されたことなどから、当時富山地方鉄道が進めていた駅廃止計画の候補として真っ先に挙げられ、これにより1969年(昭和44年)4月15日廃止となった[5][6]

年表[編集]

  • 1927年昭和2年)6月18日 - 大岩鉄道、富山市東田地方より中新川郡大岩村の鉄道敷設免許を受ける[7]
  • 1929年(昭和4年)6月17日 - 大岩鉄道、既存免許の起点を富山駅に変更し、経由地を中新川郡上市町として、更に中新川郡三郷村及び中新川郡五百石町方面に支線を敷設する旨、免許変更申請を行う[8]
  • 1930年(昭和5年)
    • 1月30日 - 免許変更申請の認可を受ける[8]
    • 2月11日 - 大岩鉄道を富山電気鉄道に名称変更し、同日創立総会を催行する[8][9]
  • 1931年(昭和6年)
    • 6月24日 - 富山電気鉄道、富山 - 上市間及び寺田 - 五百石間の鉄道敷設工事施工の認可を受ける[8]
    • 8月8日 - 富山電気鉄道、富山田地方 - 上市間が竣工する[8]
    • 8月15日 - 富山電気鉄道、富山田地方駅 - 上市駅間(12.7粁)及び寺田駅 - 五百石駅間(3.7粁)の開業に伴い、当駅が開業する[1]
    • 9月25日 - 当駅 - 電鉄富山駅間が竣工する[8]
    • 10月3日 - 当駅 - 電鉄富山駅間が開業する[3]
  • 1933年(昭和8年)4月1日 - 当駅 - 稲荷町駅間に稲荷鉱泉駅が開業する[10]
  • 1942年(昭和17年)10月31日 - 当駅 - 稲荷町駅間の稲荷鉱泉駅を廃止する[10]
  • 1943年(昭和18年)1月1日 - 富山電気鉄道が富山地方鉄道となり、当駅は富山地方鉄道本線所属駅となる[8]
  • 1968年(昭和43年)10月24日 - 熊野富山地方鉄道副社長が富山商工会議所常議員会において当駅の廃止方針を表明する[6]
  • 1969年(昭和44年)4月15日 - 利用者の減少により、当駅を廃止する[8]

出典[編集]

  1. ^ a b 『官報』、1931年(昭和6年)8月26日、内閣印刷局(683頁)
  2. ^ 『北陸タイムス』(4面)、1931年(昭和6年)8月15日、北陸タイムス社
  3. ^ a b 『官報』、1931年(昭和6年)10月10日、内閣印刷局(290頁)
  4. ^ 「ありがとう富山港線、こんにちはポートラム」編集委員会編、『ありがとう富山港線、こんにちはポートラム』(32頁)、2006年(平成18年)5月、TC出版
  5. ^ 富山地方鉄道株式会社編、『富山地方鉄道五十年史』(531頁)、1983年(昭和58年)3月、富山地方鉄道
  6. ^ a b 「田地方駅(地鉄)を廃止 近くダイヤ改正に合わせ」、『北日本新聞』(11面)、1968年(昭和43年)10月25日、北日本新聞社
  7. ^ 『官報』、1927年(昭和2年)6月22日、内閣印刷局(581頁)
  8. ^ a b c d e f g h 富山地方鉄道株式会社編、『富山地方鉄道五十年史』、1983年(昭和58年)3月、富山地方鉄道
  9. ^ 草卓人編、『鉄道の記憶』、2006年(平成18年)2月、桂書房
  10. ^ a b 今尾恵介監修、『日本鉄道旅行地図帳 全線・全駅・全廃線 6号』、2008年(平成20年)10月、新潮社

参考文献[編集]

  • 日本国有鉄道営業局総務課編、『昭和41年3月1日現在 停車場一覧』、1966年(昭和41年)3月、日本国有鉄道(粁程等は同書による)