富山県立大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富山県立大学短期大学部
Toyama Prefectural University.jpg
大学設置/創立 1962年
廃止 2012年
学校種別 公立
設置者 富山県
本部所在地 富山県射水市黒河5180
学部 環境システム工学科
研究科 環境システム工学専攻
テンプレートを表示

富山県立大学短期大学部(とやまけんりつだいがくたんきだいがくぶ、英語: Toyama Prefectural University, College of TechnologyまたはCollege of Technology, Toyama Prefectural University)は、富山県射水市黒河5180に本部を置いていた日本公立大学である。1962年に設置され、2012年に廃止された。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 富山県立大学短期大学部は、富山県射水市(旧射水郡小杉町)内にある日本公立短期大学1962年に富山県立大谷技術短期大学として設置された。最多で 6 学科を有していたが、富山県立大学の新設に伴い 2 学科体制になり、のち、環境システム工学科のみとなった。かつては男子学生が多いものとなっていたが、近年は女子学生の姿も目立っていた。学生募集は短期大学2008年まで、専攻科は2010年まで。2009年短期大学の学生募集を停止し、2011年に専攻科の学生募集を停止した。そして、2012年3月31日に正式に閉学した。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 富山県立大学短期大学部における建学の精神
    • 富山県の発展をめざした県民の大学
    • 未来を志向した大学
    • 特色ある教育をめざした大学

教育および研究[編集]

  • 富山県立大学短期大学部は環境システム工学科が設置されており、環境に関する調査・分析・処理・設計などを体系的に学ぶ内容のものとなっていた。

学風および特色[編集]

  • 富山県立大学短期大学部は後に併設された富山県立大学と関連した学科が設置されていた。そのため、短大卒業後に大学工学部に編入学する学生も少なくなかった。
  • 県立大学以外にも、国公立大学への編入学実績が高かった。

沿革[編集]

  • 1962年 富山県立大谷技術短期大学(とやまけんりつおおたにぎじゅつたんきだいがく)として開学。
    • 機械科[1]
    • 応用数学科[2]
    • 農業機械科[3]
  • 1963年 学科の新設が行なわれる。
    • 衛生工学科[4]
    • 草農業科[5]
  • 1969年 専攻科機械専攻を設置。
  • 1970年 農林土木科新設される[6]
  • 同年、専攻科に応用数学専攻を設置。
  • 1972年 富山県立技術短期大学と改称。
  • 1980年 草農業科を農学科と改称。
  • 1990年 富山県立大学短期大学部に改組。従来の学科も改組される。
    • 機械科・応用数学科・農業機械科の募集を停止。
    • 衛生工学科→環境工学科。
    • 農学科→生物生産学科生物生産専攻。2003年、生物資源学科に改組後、2005年度をもって学生募集を終了。
    • 農林土木科→生物生産学科農業土木専攻。2003年、環境システム工学科に改組。
  • 2003年 環境工学科を環境システム工学科に改組。
  • 2009年 短期大学の学生募集を停止。富山県立大学に完全一体化される。
  • 2011年 専攻科の学生募集を停止。
  • 2012年3月31日 正式に閉学。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 本部キャンパス(富山県射水市黒河5180)

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 環境システム工学科
過去にあった学科[編集]
  • 生物資源学科:なお、前身である農業技術学科には以下の専攻課程があった。
    • 生物生産専攻
    • 農業土木専攻
富山県立技術短期大学における学科体制[編集]
  • 機械科
  • 応用数学科
  • 農業機械科
  • 衛生工学科
  • 農学科
  • 農林土木科

専攻科[編集]

  • 生物資源専攻:募集は2006年度まで
  • 環境システム工学専攻
富山県立技術短期大学にあった専攻課程[編集]
  • 機械専攻
  • 応用数学専攻

別科[編集]

  • なし
取得資格について[編集]
  • 測量士補が環境システム工学科にて取得できるようになっていた。

研究[編集]

  • 立山の雪の調査
  • 玄手川の推砂量の調査
  • 『富山の水環境』と称した書籍を出版していた。

教育[編集]

  • 特色ある大学教育支援プログラム
    • 「フィールド実習をコアとした流域環境教育」の取組において2005年度に採択されていた。

学生生活[編集]

学園祭[編集]

  • 富山県立大学短期大学部の学園祭は「ダ・ヴィンチ祭」と呼ばれ、大学と合同で行われていた。

スポーツ[編集]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 谷安正:初代学長
  • 田村三郎
  • 田中正人:現学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 短期大学部独自のキャンパスがあった。

[編集]

  • 富山県立大学短期大学部の寮は…

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 公開講座が行われていた。
  • 小中高生向け講座が行われていた。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 在籍者数は27人となっている。
  2. ^ 在籍者数は32人となっている。
  3. ^ 在籍者数は29人となっている。
  4. ^ 在籍者数は23人となっている。
  5. ^ 在籍者数は30人。
  6. ^ 在籍者数は70人(うち女子25人)となっている。

この項目は、ウィキプロジェクト 大学のテンプレートを使用しています。