富山県立高岡高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
富山県立高岡高等学校
富山県立高岡高等学校
過去の名称 富山縣高岡尋常中學校
富山縣第二中學校
富山縣立高岡中學校
富山県立高岡中部高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 富山県の旗 富山県
学区 (普通科) 高岡学区
(理数科学・人文社会科学科) 高岡学区
校訓 質實剛健、自主自律
設立年月日 1898年
創立記念日 10月1日[1]
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
学期 3学期制
高校コード 16125A
所在地 933-8520
富山県高岡市中川園町1-1

北緯36度45分5.74秒 東経137度1分45秒 / 北緯36.7515944度 東経137.02917度 / 36.7515944; 137.02917座標: 北緯36度45分5.74秒 東経137度1分45秒 / 北緯36.7515944度 東経137.02917度 / 36.7515944; 137.02917
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

富山県立高岡高等学校(とやまけんりつたかおかこうとうがっこう)は、富山県高岡市中川園町にある県立高等学校

概要[編集]

教育目標として伝統的な校風である「質實剛健」・「自主自律」の精神を育成することを掲げている。

沿革[編集]

(沿革節の主要な出典は公式サイト[2]

  • 1898年明治31年) - 富山縣高岡尋常中學校として創立。
  • 1899年(明治32年) - 富山縣第二中學校と改称。 射水郡下関村大字中川村に新校舎落成。
  • 1901年(明治34年) - 富山縣立高岡中學校と改称。
  • 1937年昭和12年) - 新校舎(現在の校舎の一代前)落成。
  • 1948年(昭和23年) - 高岡高等学校・高岡工芸高等学校・高岡東部女子高等学校の一部を統合し、富山県立高岡中部高等学校と改称。
  • 1950年(昭和25年) - 工業課程を分離。全日制普通・家庭課程、定時制普通課程となる。
  • 1952年(昭和27年) - 家庭課程の生徒募集を停止。
  • 1953年(昭和28年) - 10月1日 富山県立高岡高等学校と改称。
  • 1963年(昭和38年) - 運動場拡張工事終了、完成する。
  • 1968年(昭和43年) - 定時制普通課程の生徒募集を停止。全日制に理数課程(理数科)を併設。
  • 1979年(昭和54年) - 財団法人高岡高等学校教育振興育英会を創設。
  • 1988年(昭和63年) - 新校舎(現在の校舎)落成。旧富山大学工学部跡地に移転。創立90周年記念「螢雪館」落成。
  • 1994年平成6年) - 旧校舎跡地記念碑完成。
  • 1998年(平成10年) - 創立100周年記念「櫻翔館」落成。
  • 2003年(平成15年) - 文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクールに新規指定される(2003年度から2005年度まで)。
  • 2006年(平成18年) - スーパーサイエンスハイスクールの指定期間終了を以って、2年間の終了経過措置校に指定される。
  • 2008年(平成20年) - 創立110周年。記念式典にて脳科学者・茂木健一郎による講演が行われる。
  • 2011年(平成23年) - 理数科に代わる科として一年生に理数科学科、人文社会科学科が設置された。
  • 2014年(平成26年) - 文部科学省よりスーパーグローバルハイスクールの指定を受ける

校風[編集]

質實剛健」、「自主自律」の精神のもと生徒が自主的に活動を行っており、体育大会・文化祭・寒稽古といった学校行事は基本的に生徒主導で行われる。

県内の高校では珍しく、男子生徒は学ラン、女子生徒はセーラー服の制服を伝統的に着用する。

学習[編集]

  • 学習室は「櫻翔館」、「螢雪館」の2つあり、生徒たちはこの恵まれた環境の中で朝や放課後の時間を利用して勉強に励んでいる。施設内にはホールや宿泊施設、研修室なども併設されており講演会や部活動などにおいても使用される[3][4]
  • 2年次より文系・理系に分かれて、自分の進路希望に沿ってより専門的に学習する[5]

主な行事[編集]

  • 4月 - 入学式、宿泊学習、遠足
  • 5月 - 吹奏楽演奏会、中間考査
  • 6月 - 体育大会
  • 7月 - 期末考査、夏季特別編成授業
  • 8月 - オープンハイスクール
  • 10月 - 文化祭、中間考査、球技大会
  • 11月 - 期末考査
  • 12月 - 冬季特別編成授業
  • 1月 - 寒稽古納会
  • 2月 - 学年末考査
  • 3月 - 春季特別編成授業、卒業式

進路状況[編集]

大多数の生徒が 難関国公立・私立大学をはじめとする全国各地の4年制大学へと進学する。また、近年では医学部進学者数が増加している。[6]

合格実績(平成30年5月現在 PDF)

部活動[編集]

運動部[編集]

陸上競技[1] 体操[2] バスケットボール[3] バレーボール[4] 卓球
テニス[5] ハンドボール[6] サッカー[7] ラグビー バドミントン[8]
柔道[9] 剣道[10] 弓道 野球[11]

文化部[編集]

理科 家庭 美術 書道書道 合唱
軽音楽 茶道 写真[12] 映画研究[13] [14]演劇
英会話[15] 囲碁[16] 将棋 コンピュータ[17] 放送
文芸新聞[18] 吹奏楽 かるた 弦楽同好会

著名な卒業生[編集]

政治[編集]

官僚[編集]

実業[編集]

マスコミ[編集]

学界[編集]

その他[編集]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 富山県立高岡中部高等学校から富山県立高岡高等学校に校名が復帰した日をもって創立記念日としている。
  2. ^ 沿革 | 学校紹介”. 富山県立高岡高等学校. 2019年1月23日閲覧。
  3. ^ 螢雪館 - 富山県立高岡高等学校公式サイト
  4. ^ 櫻翔館 - 富山県立高岡高等学校公式サイト
  5. ^ 普通科 - 富山県立高岡高等学校公式サイト
  6. ^ 公式サイトを参照。

参考文献[編集]

  • 『校友會々誌』(高岡中学校校友会)
  • 『古城』(高岡高校生徒会)
  • 『創立七十年史』(高岡高等学校創立七十周年史編集委員会)
  • 『回顧録』(高岡高等学校八十周年記念回顧録編集委員会)
  • 『蛍雪九十年』(高岡高等学校校史編集委員会)
  • 『高岡中学・高岡高校百年史』富山県立高岡高等学校創立百周年記念事業後援会平成11年3月30日発行 高岡高等学校百年史編集委員会編集 株式会社チューエツ 印刷

関連項目[編集]