富山縣護國神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
富山縣護國神社
Toyamaken-gokoku-jinja haiden.jpeg
所在地 富山県富山市磯部町1-1
位置 北緯36度41分23秒
東経137度12分04秒
主祭神 富山県出身の戦没者
社格 内務大臣指定護国神社・別表神社
創建 大正2年(1913年)
本殿の様式 流造
例祭 4月25日10月5日
テンプレートを表示

富山縣護國神社(とやまけんごこくじんじゃ)は、富山県富山市にある神社護国神社)である。富山県出身の明治維新から大東亜戦争太平洋戦争)までの戦没者を祭神とする。祭神は28,679柱である。

歴史[編集]

明治45年(大正元年・1912年)3月に富山縣招魂社として設立が認められ、富山県知事が建設委員長となって翌大正2年(1913年)8月に竣工、10月に鎮座が行われた。昭和14年(1939年)、富山縣護國神社に改称した。昭和20年(1945年)の富山大空襲によって、手水舎などごく一部の建物を除いて社殿を焼失した。社殿は昭和29年(1954年)に再建された。現在の大拝殿は平成3年(1991年)に創建80周年を記念して竣工したものである。

祭事・行事[編集]

  • 節分祭(2月第一日曜日)
  • 春季例祭(4月25日
  • 紀元祭(2月11日
  • 富山市手向祭(7月31日
  • 万灯みたままつり(8月1日
  • 富山県鎮霊神社例祭(8月1日)
  • 秋季例祭(10月5日
  • 天長祭(12月23日
  • 青空のみの市(毎月第一日曜日、但し1月、8月、10月は変更の場合あり)

境内[編集]

伊佐雄志神社
伊佐雄志神社
富山大空襲による戰災殉難者、治安の維持と公共の災害防護その他安定のため殉職せられた自衛官、警察官、消防團員、消防署員、郵便局員及び地方功労者を祭神とする。戦災により焼失した社殿を、昭和50年に富山縣護國神社終戦30周年記念事業として造営。8月1日に竣工した。平成22年9月に現在の伊佐雄志神社に改称。
遺芳館
戰歿英靈の遺書等を展示している。
富山市相撲場
磯部富士(解体済)
元禄年間、富山藩前田正甫が造成した富士山(を模した築山)が、護国神社設置後、神社境内に組み入れられて存続した。富士山は磯部町、鹿島町、鉄砲町、七軒町に及ぶ大型のもので、都市計画上にも支障を来すことから1957年3月に除去されている[1]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富山市史編纂委員会編 『富山市史 第三巻』富山市、1960年、p.679