富山県道・石川県道76号氷見惣領志雄線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
石川県道76号標識
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
富山県道76号標識
富山県道76号 氷見惣領志雄線
石川県道76号 氷見惣領志雄線
主要地方道 氷見惣領志雄線
実延長 10.211km
10.211 km(富山県部分)
0 km(石川県部分)
制定年 1977年昭和52年)
起点 八幡橋交差点
富山県氷見市)【地図
終点 子浦交差点
(石川県羽咋郡宝達志水町)【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0415.svg 国道415号
Japanese National Route Sign 0160.svg 国道160号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道30号標識
富山県道70号万尾脇方線
能越自動車道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
都道府県道30号標識
富山県道64号高岡氷見線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道29号標識
富山県道29号高岡羽咋線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

富山県道・石川県道76号氷見惣領志雄線(とやまけんどう・いしかわけんどう76ごう ひみそうりょうしおせん)は、富山県氷見市石川県羽咋郡宝達志水町を結ぶ県道主要地方道)である。

概要[編集]

富山県呉西北部の氷見市と石川県口能登の羽咋郡宝達志水町を結ぶ。重複区間が多く、3つの県道が重複する。石川県内においては全区間が石川県道29号高岡羽咋線と重複し、県道76号を示す県道番号標識などの案内標識は存在しない。

路線データ[編集]

  • 起点:富山県氷見市伊勢大町2丁目36番の1(八幡橋交差点、国道415号交点)
  • 終点:石川県羽咋郡宝達志水町萩市リ58番1地先(子浦交差点、国道159号交点)

現況[編集]

車道は概ね、両側2車線(片側1車線)の幅員であるが、富山県氷見市鞍骨の一部や石川県羽咋郡宝達志水町子浦(しお)では狭小な区間がある。富山県氷見市富山県道・石川県道29号高岡羽咋線と重複している宝達志水町所司原の下石ダムのダム湖に沿った区間には、降雨・降雪時の危険防止やローリング族のためにグルービングが施されている。

歩道は富山県側に多く設けられている。具体的には、起点から氷見市万尾の富山県道70号万尾脇方線交点まで、同市布施から同市深原、同市飯久保の寺飯久保公民館から同市惣領の集落東端部、同市惣領の鞍骨川に架かる新惣領橋詰から仏生寺保育園周辺部、同市岩瀬地内、および石川県羽咋郡宝達志水町子浦の聖川交差点から同町子浦の中央公園までの区間である。このうち、車道両脇に設置されているのは起点から氷見市十二町(清水)までの区間と石川県羽咋郡宝達志水町子浦の聖川交差点から同町子浦の中央公園までの区間である。

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

参考文献[編集]

  • 『道路現況調査資料』 富山県、2010年
  • 『道路現況調査資料』 富山県、2009年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2010年
  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2009年

関連項目[編集]